酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

バーテンダー修行-未経験者がなるには?-

b0006520_20213836.jpg
 <奈落の底>ではバーテンダー修行生を迎え入れている。アルバイトではないので給与は出ない。その代わりにバーテンダーの技術と営業終了後にテイスティングでお酒の味を勉強できる。カウンターに立つまでバーテンダーを1人育てるのは非常にコストがかかる。どんなに早い人でも3ヶ月ぐらいみっちりと教えないとスタッフとして役に立たない。2・3の技術以外は知っていれば誰にでも出来る簡単なことが多いが、その覚える数が半端なく多い。そのために、挫折する人が多く、当方の感覚ではバーテンダーになれる人は20人に1人いるかいないかである。面接でバーテンダーの仕事の楽しさと現実を説明するとおよそ半分の人が採用・不採用を聞く前に断ってくる。残りの9割は1ヶ月以内でやめてしまうのである。技術を教える手間と時間、テイスティングや練習用の材料等のコストがお店に大きく負担をかけるのである。そのために普通のBARは、未経験者を雇うことは希である!私も40店ぐらい面接で落ちた経験がある。

そこで、バーテンダーに未経験者がなる方法としては
1.バーテンダー協会のスクールに通い紹介してもらう
2.「無給でよいので勉強させてください」とお店に頼み込み(研修生・修行生)、その後就職先を紹介してもらう(その店で実力が認められればそのまま雇ってもらえることもある。)
3.独学で勉強しつつ、大手のパブや居酒屋・レストランでアルバイト後に地道に面接を重ねる。

が考えられる。<奈落の底>でも修行生を受け入れているが、ちなみに結果は

説明であきらめた人 8人
1日で来なくなった者 1人
2・3日で来なくなった者 3人
1ヶ月ついて来た者 1人
現在2週間目突入 1人

バーテンダーになるのは大変です・・・・

写真はウォッカトニックの作成練習中!
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-14 20:22 | その他