酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

シャルトリューズ・ジェネピー

b0006520_19495716.jpg
 シャルトリューズ・ジェネピー 40%(des peres Chartreux genepi)
 ジェネピーはフランスのアルプス標高3500mまでの岩壁や氷河の縁あたりで生育するハーブのひとつでニガヨモギの近種らしいが詳細は不明。ひょっとしたらArtemisia nivalisフランスにはジェネピーというリキュール分野があるらしく、シャルトリューズ・ジェネピーは銘柄の一つらしい。味はシャルトリューズ、ジョーヌVEPとヴェールVEPの中間にニガヨモギフレーバーが付いた感じ。なにげに美味いです。
 アブサンかどうかは貴方次第?

・ニガヨモギにはいくつかの品種があるらしいのでメモ
ニガヨモギ(Artemisia absinthium)が有名だが様々な資料に記載されているニガヨモギは

オオニガヨモギ=ローマのニガヨモギ=不明
コニガヨモギ=ポントゥスのニガヨモギ=ハマニガヨモギ=不明
オウシュウニガヨモギ(Altemisia vulgaris L
クロニガヨモギ=不明
ジェネピー=多分(Altemisia nivalis

謎が多い植物だ!
[PR]
by bar_absinthe | 2005-01-18 20:18 | アブサン