酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

エズラ・ブルックス・グリーン(バーボン・ウイスキー)

相変わらず前半は超暇でまだ誰も来店がない<奈落の底>。暇なときのジンクスで、カップラーメンにお湯を入れるとお客様がいらっしゃることが多いので、現在すすりながら食べている。
あっお客様と思ったら、酒屋さんが請求書を持ってきただけでした・・・・。レトルトカレーも食べた方がいいのだろうか?と訳の解らない思考をし始める・・・・。
b0006520_20542938.jpg


エズラ・ブルックス・グリーン(バーボン・ウイスキー)
EZRA BROOKS 40%
 オーエンズボロのメドレー蒸留所で作っていたバーボンだが、グレンモア社に買い取られてグレンモア蒸留所となり91年に閉鎖されたらしい。
その後、95年にメドレー一族が再び買い取り96年より稼働したとかボトリングだけとか資料によりまちまち。メドレー社の原酒も少量入っているらしいがメイン原酒は秘匿となっている。
エズラ・ブルックスにはブラックラベルとグリーンラベルがあり、前者は45%。今回のグリーンは40%度数以外の違いも資料がないので不明。光に透かすと、無濾過品や劣化したボトルのように薄濁りがあり心配になるが飲んでみると問題ない、ノンチルなのだろうか?最初から濁っている珍しいバーボン。
 香りは白ワイン、土っぽさ、おがくず。口に含むとアタックはマイルドで、味のボディーはライト。余韻はとっても軽いが長く続く。ライトで口当たりが優しいバーボン。ロックやストレートでごくごく飲みたい。

リナ嬢コメント:
 香りはアンズ、パイナップル、甘い香り。口に含むとアタックは控えめだが軽すぎない。余韻は柔らかくすっと消えていく。優しい味。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-23 20:55 | 酒うんちく