酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

カテゴリ:試飲会&サンプル( 7 )

b0006520_1295120.jpg


コーバル(コーヴァル)蒸溜所のセミナーに参加してきました。

2008年にシカゴの中心部に誕生した蒸溜所。今回はディスティラリーマスターのロバート・バーネッカ氏が来日してセミナーを開催することになった。キビ(ミレット)を原料にしたウィスキーが話題になっている蒸溜所だったので何とかスケジュールを開けて参加してみました。

 蒸溜所の名前の由来のKOVALは、スイスドイツ語語ウーリ語でBlack Sheepのポジティブな表現。革新者や開拓者の意味。ちなみにBlack Sheepは昔、羊毛の取引で黒い毛は染色ができず買い叩かれたことから、どの社会,家庭,学校にも歓迎されない困り者つまり、厄介者という意味がある。

この蒸溜所名は、創りだすウィスキーも名前の通りかなり異端で全く新しいウィスキーのジャンルを開拓しつつある。

まずは原料が今まで余り使われていないミレット(キビ)やオーツ麦、小麦などを使用する。
糖化もモルト麦芽を使わず酵素糖化
蒸留器も単式と連続式のハイブリットスティル(ただし、一回しか蒸留できないのであくまでも単式蒸留器)
そして、クラフトの精神(曰く、高品質であること)

b0006520_1234560.jpg


さて、味の方のざっくりとした感想は、全体的に若く材料の味がクリアーに伝わる。
特に印象的なのはキビ原料のミレットで甘みが強く出ており、まろやか。
バーボンもコーン51%残りがキビ。
熟成感はまだ感じないが淡さと複雑さが見事に調和、かなり個性的。
ライは100%ライ麦のためか確かに大麦のニュアンスが無いこれは
フォーグレイン(オーツ麦、キビ、ライ、大麦)と比べるとよくわかりやすい。

蒸留器
b0006520_12451836.jpg


樽はバレルミル社製のミツロウを使った30ガロンの小ぶりな樽で熟成。
通常使われるパッキン(しれっとタブーに近い内容に触れる)
をミツロウで代用したスペシャル樽。この樽も新しい試みなので大変だったとか

また例のごとく色々と聞きづらいことも聞いてしまう私。
Q.アメリカでクラフトディスティラリーが増えた2008年に何が合ったのか?
2008年には日本でもイチロウズモルトが誕生したりしたので世界的に何かある年だったかもしれない。
クラフトディスティラリーが増えたのは2002~2003年にアメリカで大規模な税制改革や免許の緩和が起こったためでシカゴでは2008年に40社、2015年現在は100社にも増えた。

Q.新しい作り方として、麦芽を使わずに糖化したウィスキーは伝統的な作り手からの圧力はなかったのか?
(つまり、これはウィスキーではない)といったことは言われなかったのか?また、法律でバーボンの規定には引っかからなかったのか?
 スコッチ、アイリッシュ、バーボンなどの違いと同じで新しいジャンルなのでそういった事はなかった。
また法律での規格は材料の規定だけで(51%コーン)糖化の規定はなかったため問題なかった。

Q.蒸留の際にトップとテールは使わないと行っていたがどうするの?
 マッシュの中に入れてしまうところもあるけど、うちでは両方共完全に廃棄する。使うのは高品質なハートの部分だけ

Q.オープン当初一番大変だったのは
 クラフト市場はまだ確立していなくて、全てを自分たちで手探りして決めていかなければならなかったこと。

終わって思ったこと
 伝統は大切にしなければならないと思っているが、新しいことを始めることは基本的にはブラックシープなことである。
伝統を守りすぎると新しいことは異端に感じ、伝統的ではない、マナーがなってないと言われ、出る杭は打たれる。
リキュールを伝統的に飲んでいたらカクテル文化は花開かなかったわけだし、南部鉄器もカラフルになったした。ら抜き言葉もキラキラネームも現在日本語の変化として受け入れられつつある?
 全く新しいウィスキーに触れた事により、これからも自分が頑なにならないよう柔軟に知識を受け入れられているか?と自問するきっかけを得たなと
[PR]
by bar_absinthe | 2015-05-22 13:37 | 試飲会&サンプル
イタリアのリキュールアマーロ
b0006520_6241114.jpg

パリーニ各種
キナ・エスプレッソ・ミストラ(アニス系)・サンブッカ
エスプレッソリキュールが中でも一番美味かった。
b0006520_624226.jpg


ラベルが面白いワイン
裏面もユニーク
b0006520_6294687.jpg
b0006520_6293216.jpg


フルーツブランデー
b0006520_6344567.jpg

b0006520_6345643.jpg


ジェネピースピリッツとアップルスピリッツ
b0006520_636726.jpg


今年はお酒類のサンプルは無料・有料サンプルとも入手できず<奈落の底>
に加わった酒はありませんが何種類かいつか手に入ればよいなー
シメイゴールドはそのうち入荷予定

代わりに和紅茶買ってこれました。早速今晩、煎れます。

伊万里の紅茶
b0006520_646372.jpg


今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)
[PR]
by bar_absinthe | 2014-03-07 06:47 | 試飲会&サンプル
今年も幕張まで行ってきました。今回はお酒少なかったなー。
ブース数もなんか寂しい。
もっとも国内ブースとメキシコは変わらず気合いが入っていました。
そして私は今年もテキーラで撃沈されてしまいました。
いくつか面白かった物

ポルトガルワイン
世界でこのワイナリーでしか作っていない「ジャンパル種/Jampal」という品種の白ワイン
かなり複雑な香りで確かに飲んだことがない味でした。
幻の品種を復活させたというのはイタリアのファランギーナみたいだな~
まだ輸入元未定だとか
b0006520_547199.jpg


円錐型のソフトキャンディー
スパークリングワインに入れても美味いらしい。
まだ輸入元未定だとか
b0006520_5505532.jpg



ベルギービールのシメイにゴールドが出るらしい
b0006520_5541624.jpg

b0006520_5543542.jpg

参考品でシメイのチーズもありました。青いのはシメイブルーで洗って熟成しているんだとか
なかなか美味い
b0006520_5572418.jpg

b0006520_5583580.jpg

アブサンも一つだけ出品されておりましたが・・・・
参考出品でただいま検査中なので開封できず試飲できなかったですが
チェコアブサン/EUPHORIA Cannabis 70%
b0006520_623054.jpg


イタリアシチリア島のマルサラ
マルサラは酒精強化ワインの中では最も輸入されておらず
数種類しか飲んだことがなかったので今回4種類も試しました。
シェリー・マディラ・ポートと無理に比べるとシェリーに最も近いがやっぱりマルサラ
らしい個性を感じました。
これもまだ輸入元未定だとか
b0006520_6185745.jpg
b0006520_618123.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2014-03-07 06:19 | 試飲会&サンプル
b0006520_1941688.jpg

先日、ヴェドレンヌ社のカシスセミナーがあったので行ってきました。

ついでにカシスの事を色々メモ

和名:クロスグリ(黒酸塊)英名:ブラックカラント (Blackcurrant)学名 Ribes nigrum)一般的に言われているカシスはフランス名(Cassis)、、スグリ科スグリ属に属する低木の果樹。日本でも青森県などで栽培されており、苗木も入手可能。

フランスでの栽培の80%はブルゴーニュ地方で作られており、あとはロワーヌなどでも生産されている。海外だとポーランドで多く作られている(冷凍のポーランド産はブルゴーニュ産のノワール種の1/10~1/3程度と安価、某オランダのメーカーはこれをメインに使っているらしい)6月~8月に収穫される。

カシスにはおよ150もの品種があるそうでだがヴェドレンヌ社では「ノワール・ド・ブルゴーニュ」と「ブラックドーン」という品種にを使っている。


ヴェドレンヌ社
 1919年操業、フランス・ブルゴーニュ地方・ニュイ・サン・ジョルジュにあるリキュールメーカー。およそ100銘柄のリキュールとカシスの蕾から採れる香料とかも扱っている。


セミナーには3種類のカシス・リキュールがあり通常品、エキス分が多いスーパーカシスそして、今度入荷するビオ・カシス。

クレーム・ド・カシスの作り方
 96.2%のニュートラルスピリッツを企業秘密の濃度へ加水して(度数が高いと果実が焼けてしまう)、カシスと合わせて5週間ぐらい回転させながら浸漬させインフュージョンを作る。(ここではおよそ30%)これに、粉砂糖をゆっくりと溶かして作り上げる。
 仕込みの果実に、葉や茎が入っていたのでこれも味わいを出すため?と質問すると「カシスは他の果物と違い葉や茎などほぼ全草に香りを持つ、希有な果物で少量混ぜることによりカシスの様々な香りをとけ込ませることが出来る」「昔はカシスの葉と茎だけでつくるリキュールもあったちなみに日本に入ってきていないけど、限定で3000本でリリースしたんだとか
 「Ratafia Feuilles de Cassis vedrenne 」 誰かフランスで買ってきてくれないかな?
b0006520_194444.jpg


さて、テイスティングしたところ、他のカシスと大きく違うのは、ほんのりと木の香りに近い香りがあること、どうやら、果実だけではなく少量のはや茎の香りに由来するようだ。つまり、ここのカシスの特徴はカシスの果実をメインに純粋なカシス全体の香味を出したかった。そのために、グレープ・スピリッツではなくビート由来のニュートラルスピリッツ、タンクも木桶ではなくステンレスタンクと砂糖もビート由来やサトウキビ原料の精製された香りがない物をつかっている。

ビオ・カシス
 11月頃に日本に到着する新しいカシスで「ノワール・ド・ブルゴーニュ」単一品種でビオデナミーで生産された一品。非常に発色が良くオレンジジュースと合わせても綺麗な赤。

それぞれの感想としては

カシス … 通常品、手軽にカクテルに使えそう
スーパーカシス …スタンダードに比べるとかなり濃い。味はビオよりも美味く感じる。
ビオ … スーパーカシスよりも苦みがつよく、木の香りが強い、大人な味わい。発色良

人が少なかったので色々質問してみました。

カシスは現地でどうやって飲まれているのか?
 主にキールやベルモットで割ったり、クラッシュアイスに注いで飲んでいる。ペリエで割る人もいる

ヴェドレンヌ社のカシスと合う白の銘柄は?
 ドライなワインならなんでも、アリゴテ、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングetc。どうやらドライな白ワインなら大抵の合うらしい。それでもアリゴテ種の白を押していました。

カシス&ベルモットに使うベルモットの銘柄は?
 ノイリー・プラット

カシス・オレンジ
 日本ではカシスのカクテルと言えばカシオレこと、カシス・オレンジが有名ですが、フランスではカシス・オレンジはメジャーではなく、日本でカシスがオレンジやグレープフルーツやウーロン茶で割るのは新鮮だと言ってました。
[PR]
by bar_absinthe | 2011-09-18 19:04 | 試飲会&サンプル
今年もウイスキーライヴがありました。

今回は前年に続いて有料試飲が増え・・・えっこれも?
1万円以上の品がほとんど有料に・・・・・。
5000円も入場料かかるのに・・・・3000円の某ウイスキーフェスタとは大違いだ(笑)
まあ、それはさておき

ウイスキーライヴでマイベスト
イチロー・モルト・ザ・ゲーム
b0006520_133359.jpg

カオル嬢ベスト
シンジケート
b0006520_1482.jpg

お客様:
Rさん
クライヌイリッシュ

Iさん
途中で飲んだモルツ。
今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html


・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2009-02-23 21:19 | 試飲会&サンプル
アブサンの旅2007-その8-
アブサンの聖地、ポンタリエ(Pontarlier)

とうとうやって来ました、アブサンの聖地の一つ、ポンタリエ。

フランスのコンテ地方、スイスとの国境近くの町です。ちなみにパリよりもジュネーブの方が近いです。標高は800mm以上冬はとんでもなく寒く-20°以下に近くの村では-35°を記録したとかでフランスで最も寒い町の一つ。6~8月の間に一月ほど日本と同じように梅雨があるそうで、6月の中旬で今回の旅行で一番のんびり出来た町で、町の方々はとても親切で、BARに出かけると気さくに話しかけてくれます。町には現在2つのアブサンの蒸留所が稼働中。アブサン以外にはポンタリエというパスティスが有名で同じ蒸留所で作られております。

地元の食べ物はcancoillotteって言うクリーム状のチーズが濃厚でとても美味。

※スーパーで売っているスシロールはとんでもなく不味いです。

b0006520_4392670.jpg

ポンタリエ駅です。
b0006520_4402798.jpg

ホームです。
b0006520_4412980.jpg

駅前です
b0006520_4443795.jpg

町の中央の門です。
b0006520_4462223.jpg

b0006520_4465121.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2007-07-12 04:47 | 試飲会&サンプル

M社試飲会その1

今回からカテゴリー試飲会&サンプルの試飲レポートも追加しました。
 試飲会地獄1日目、ラムが徐々に日本に浸透してきております。中規模のモルトブーム、小規模のシェリーブームそして、ラムのブーム到来の予感。これはキューバ産のラム。
b0006520_150043.jpg

日本への輸入はまだ未定だとか。
Regendario
[PR]
by bar_absinthe | 2007-03-18 15:00 | 試飲会&サンプル