酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

カテゴリ:リキュール( 4 )

b0006520_23202372.jpg

 BARで最もよく使うリキュールの1つで、通称:カクテル界の味の素。ホワイトキュラソー(オレンジの皮が主原料の透明なリキュール)の最も有名な銘柄。歴史は、1849年にフランスのコワール地方アンジェ市の製菓職人アドルフ・コアントローと弟のエドアール・ジャン・コアントロー(Adolphe&Edouarld-jean Cointreau)がオードヴィー作りから始まり最も有名なキュラソーはジャンの息子エドアールが世界中から集めたオレンジの皮で作り上げた。キュラソー自体はその頃に他社もすでに作っていたがエドアールのレシピは通常よりドライにつくり通常の3倍辛い(トリプルセック)と名づけて売りだした。3倍辛いといっても甘さが1/3にしたわけじゃなかったらしいけど、誇大広告他社との比喩的な意味らしい。と言っても現代日本人にはどっちにしろものすごい甘い。当時の他社はどんだけ甘かったんだろうか?
現在はホワイトキュラソー=ドリプルセックと同等で銘柄名というよりも酒の種類として認知されている。
そのためか単純にコアントローの名称で販売される。
材料はハイチ産のピガラード種のビターオレンジとブラジル産のベラ種のスイートオレンジを主に使い作られている。作り方は秘密とされているがスピリッツにオレンジの皮を漬け込み後に再蒸留してからオレンジの花やシロップを加え甘みをつけているらしい。

 さて長くなりましたがこのボトルはラベルの海外のオールドボトルを取り扱っているサイトを参照にしてみると
50年代に流通していたらベルト一致し、開けた時にコルクであったことにより1950年代と推定されるボトルです。基本的な味は現行品と変わりませんが長期の熟成により複雑かつ深遠でいつまでも余韻が続きます。
恐るべしコアントローのオールドボトル!!もう二度と入手できそうもありませんのでお好きな方はお早めに

50年代はさすがに売っていませんが80年代、70年代ぐらいはたまに流通しています。

★楽天検索/コアントロー オールドボトル★

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-11 23:25 | リキュール
b0006520_05964.jpg


バランタイン・ブラジル/ウィスキーリキュール
Ballantine’s Brasil 35%

 バランタインは有名なブレンデット・スコッチ・ウィスキー、どうやらワールドカップブラジル大会に合わせてリリースしたようだ。ブラジルらしく?ライムとバニラの風味を加えたウィスキーリキュール。
味はリキュールにしては、ほんのり甘い程度。バニラ、クローヴの香りがメインでほのかにビターなライム味。
確かに普通のウィスキーリキュールやフレーバーウィスキーとは違う一品。
コーラ、、トニック、カイピリーニャ風が紹介されているが
個人的にはジンジャーエールやジンジャービアで割ったり、ライムと炭酸のリッキースタイル、クラッシュアイスにライムを一切れ軽く絞ってスェッツルスタイルで飲むのがおいしそうだ。

★楽天検索/バランタイン ブラジル★

参照
http://www.ballantines.ne.jp/products/ybbra/

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html

蓮根アブサン協会パートナーショップ /アンジェリークも入荷中!!
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)

アブサンデータベース
http://www59.atwiki.jp/absinthe-db/pages/1.html
[PR]
by bar_absinthe | 2014-06-27 01:05 | リキュール
b0006520_21471983.jpg

1950年代と推定されるコードのグリーンミントリキュール
KORD green mint 1950s ?%
 1990年代頃まで流通していたチェコズブロッカこと、コード・ズブロッカと同じチェコ、プラハ北東部の都市フラデツ・クラーロヴェー蒸留所の品と思われる。
鉛製のキャップシールにKORDとチェコスロバキアの文字、全体的な雰囲気と一緒に購入したリキュールには雑酒のシールが貼られていたことから1950年代と推定。
若干ネックが下がり気味だったので不安だったが、さすがリキュール!!まだ生きながらえておりました。およそ50~60年前らしく、複雑な甘みとコクは独特のもの
コード社と知っていたのでなんとなくズブロッカを香りの中に感じてしまう。
 古いボトルは二度と出会えない可能性が高く気になる方はお見逃しなく。

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)
[PR]
by bar_absinthe | 2014-06-02 21:47 | リキュール
b0006520_184735.jpg


RENEBAR PERNOO 1940s
 1940年代のペルノー、パスティス系の一種。ペルノーのスペルがPERNODではなくPERNOOになっているのがユニーク。ボトリングから70年たち素晴らしい味わいになっている。なめらかで複雑の極みで余韻も現行品のパスティスよりも長くパスティスの世界観が変わってしまうぐらいの存在。
もちろん特有の香りがするので好き嫌いは出そうですが・・・。

このように古いオールドボトルはコンディションもありますし、超絶レアです。
同じボトルには二度と出会えないでしょうから気になる人は今しかありません。


東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)
[PR]
by bar_absinthe | 2014-05-13 01:09 | リキュール