酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2004年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 私事ですが、当方かなりの甘党で(シュガージャンキーレベル)、日本酒飲みながらパフェを食う等奇特な行動をすることがあります。先日、某銀座のプロントでケーキセットを頼み、軽く酷い目に遭いました。このケーキを一口食べると!めちゃくちゃ甘いのです!このケーキ自体がチョコレートシロップ級に甘い!いつもならエスプレッソに砂糖を3本ばかりぶち込んで極甘にしているのですが、生まれて初めてエスプレッソに砂糖を入れずに飲んでしまいました。しかも、甘党なのにケーキもギブアップ、糖分取りすぎで気持ち悪くなるし、軽く酷い目に遭いました。我こそは甘党の王者!という方はぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

追記
 後日レシートを見たら「マッドチョコレートケーキ」と書かれておりました・・・・

b0006520_1913338.jpg
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-30 19:12 | 酷い目に遭いました
b0006520_18325038.jpg

奈落の底>オリジナルの暗黒カクテル
伝説の魔道書ネクロノミコンをイメージしたカクテルです。

ドライ・ジン(ブラックデス) 30ml
レモンジュース 15ml
ガムシロ 2tsp
アブサン(アブサン・ストロング) 2tsp
ミントの葉 3枚
上記をシェイク
タンブラーに注ぎソーダーアップ
レモンハート151Pを2tspフロート

アブサンを使った怪しげな味を、ダークラムがさらに複雑にしております。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-29 18:35 | 酒うんちく
b0006520_18311875.jpg
ラプサンスーチョン
Lapsang Souchon

紅茶界の中のアイラモルト!!中国福建省原産。収穫された茶葉を発酵させたあと、松の木を燃やした煙で茶葉をいぶして着香。このため松の香りのスモーキーフレーバーが特徴。アイラモルトつまり正露丸みたいなにおいで、好き嫌いが分かれます。ミルクティーにしてもおいしく特にアイラモルトを少し垂らした「アイラミルクティー」(勝手に命名)が絶品です。アイラモルト好きの方はぜひ試されてみてはいかがでしょうか!<奈落の底>に常備中!

・ラプサンスーチョンあれこれ

吉祥寺 TEA MARKET 武夷正山小種ラプサンスーチョン春摘み
 アイラフレーバーは抑えめで柑橘系の香が漂う

神保町 ティーハウスタカノ ラプサンスーチョン
 アイラフレーバーと甘いバニラ系の香りが漂う

池袋 L'EPICIER
 アイラフレーバーが強く、最もラプサンスーチョンらしい
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-27 18:30 | おいしいもの

悪魔の薬草

b0006520_2053575.jpgトイフェルスクロイター・フォイエル・リケール(カール・バウマン社)
とっても覚えにくい名前で意味は「悪魔の薬草」オーストリア産の薬草系リキュールです。色は例のごとくうがい薬色で薬草系が好きな私でもかなり微妙な味です。怪しいお酒は、際物が多いのですがこれもその一つで、単体で飲むと罰ゲーム的な味です。<奈落の底>ではレモンを搾ってソーダ割でメニューに載せております。その名も「悪魔の薬草ソーダ」怖いモノ見たさの方やイエガーマイスターなどの濃い薬草系リキュール好きの方は試してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-26 20:57 | 酒うんちく
b0006520_23472784.jpg
 バーテンダーなのに余りワインについては無知な私ですが、「ユニ・ブラン」という葡萄品種は覚えておりました、ブランデーの原料として!!ドメーヌ・ドゥ・マージュ(Dpmaine Du Mage)はそんな、ユニ・ブラウンから作られていると聞き取り寄せてみました。フランスのガスコーニュ地方産の日常消費ワインで、香りも華やかで水みたいに飲めそうな白ワイン。
値の張るワインはディナーコースだけど普通のお昼、特に家で作るお昼に合いそう(たらこパスタやカレー、ナポリタン、ピザ)

カフェで1:1のワインスプリッツア(ワインをソーダで割ったモノ)にして昼飯食ったら最高!!

カクテルや自家製ヴェルモットなんか作ったら美味そうです。

どうも重いワインや高いワインになじめない方は試してみてはいかがでしょうか?
<奈落の底>には取り寄せとなっております。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-26 00:08 | 酒うんちく
b0006520_20493850.jpg
アブサンの主原料であるワームウッドのハーブーティーに挑戦してみました。
ポットに3房ぐらい入れ、熱湯をいれ5分ほど蒸らして出来上がり!

まず色は、緑茶ぐらい、香はワームウッドらしいヨモギの草っぽいかおり
そして、味は・・・・センブリ茶並みの苦さ・・・飲料に耐えません!!
結果は大失敗

次回は、ドライにして極少量で再チャレンジ予定です。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-25 01:22 | アブサン
b0006520_2040466.jpg
 当店<奈落の底>に合うBGMがなかなかなくて困っていると、ある日、楽器を持ったお客様がムソルグスキーが良いよーと、しかも近く江古田での演奏会にムソルグスキーの「死の歌と踊り」演奏します!と何から何まで準備されたような不思議な体験を!で聞いてきました。バッカス(酒の神)とミューズ(芸術の神)も粋な計らいをするなーと!

モデスト・ムソルグスキー(Modest Mussorgsky)1839-81 ロシアの音楽家で「アル中毒となり、精神病院でその生涯を終える」なんてその生涯も当店っぽい。

クラッシックに疎い私は、全曲初耳の曲ばかりで、特に「死の歌と踊り」のトレパック(酔っぱらいの農夫が凍死する歌曲)が一番のお気に入りに!元々は歌曲なのを歌の部分をサックスで吹くという方法での演奏でした。近々、ムソルグスキーは<奈落の底>のBGMに導入予定です。

演奏 サックス:岸田氏とピアノ:西澤氏

5959團

両氏の素晴らしい演奏に感謝!
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-24 20:40 | ホラー
b0006520_21314731.jpg
吉祥寺にダージリンのテイスティングに行ってきました。

紅茶にも、シングルモルトウイスキーのように単一農園の茶葉「ガーデン・ティー」と呼ばれている紅茶葉があり特にダージリンが数多く日本に流通しはじめているようです。紅茶の畑での違いは本当に繊細でワインのテロワール(区画違い)のようにに微妙で繊細にちがいます。まだ私は慣れないせいか、違いを言葉で表すのが難しく、なんとなくこっちが好み!といった程度しか分かりませんでした。しかも、ロットによってもだいぶん違います、何処の農園のダージリンかを当てるのはかなり熟練した経験が必要そうです。
さて、おいしかったのは!

・キャスルトン
 度々、ダージリンで最高値を付ける、ダージリンの帝王みたいな存在。ダージリン特有の圧倒するような「マスカットフレーバー」(メイプルシロップをかけたホットケーキの様な香り、葡萄のマスカットの香りではない)今回は、132と92を試しましたが92の方がよりハッキリとした香りでうまかったです。
・タルボ
 上はゴージャスすぎるがこの農園のは比較的穏やかでちょいと変わった香りがする。

奈落の底>では、あんまりにも単一農園モノのダージリン(ガーデン・ティー)は高いので取り扱うことは出来ませんが、おいしい紅茶を飲みたい方は専門店に出かけてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-22 21:32 | おいしいもの
b0006520_294158.jpg
ラッテ・ディ・スゥォチェラ(Latte di Suocera)イタリアのアルコール度75度の薬草系苦味酒。まるで毒薬のようなラベルで名前の意味も「継母のおっぱい」と実に素敵なリキュール。
さて味の方は、罰ゲームです!!まか不思議な苦味と強いアルコール度でストレートで飲むと罰ゲーム級!!しかし、トニックやジンジャーエール、リッキーにすると薬草系で苦味好きな方ははまりそうな味である。スッキリと甘くないのでソーダ割なんかもお薦めです。
当店ではもっぱら

継母のおっぱいトニック
継母のおっぱいリッキー
継母のおっぱいソーダ

なんかでごくたまに出ます。

カクテルにのみ飽きたドライ好きな方は試してみると意外にいけます!!
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-22 02:20 | 酒うんちく
b0006520_1103025.jpg
水晶のドクロはマヤ文明のオーパーツ(場ちがいの加工品、その時代にあるはずがないもの)として有名だがそのレプリカ、水晶をベースに作られたモノもあまりない。まず、大きな透明な水晶自体が少ないこと、加工が難しいこと等が挙げられるのではないだろうか?せめて水晶素材のドクロは無いモノかと色々探し回ってやっと見つけました。
材質はヒマラヤ水晶で大きさは3cmほど、もちろんオーパーツみたいに光を当てると怪しく光るという機能はありませんが・・・まがいなき水晶製!!<奈落の底>の雑貨コーナーにまた商品が増えた次第です。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-09-21 11:07 | ホラー