酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2004年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

キリン豊潤-ビール-


b0006520_2044555.jpgキリンチルドビール「豊潤」(ピルスナー・ビール)
 最近CMで盛んに宣伝されているキリンのチルドビールの一つ「豊潤」を<奈落の底>へ仕入れたが1本売れずに冷蔵庫の奥に残っていた。このビールは60日の品質保持期限が設定してある

品質保持期限 2004.08.16 が発見されたのは同年12月20日・・・期限切れ・・・
とりあえず飲んでみました!

なんとビックリ、非常に美味くなっております!日本のビールでは考えられないほど豊潤な香りと味、まるで良質のベルギービール(デュペルあたり)と上面発酵ビール(バス・ペールエールあたり)の中間的味わい、底面に酵母が溜まり、グラスに注ぐと酵母片が沢山浮くがカナリ美味かった!

ちなみに、保管状態はビール用ショウ冷(4~6°)の奥に隠れていた。

豊潤の味わいはどうかというと、新鮮すぎて、セメダイン臭が僅かに漂うので当方は余り好きではない。

熟成は運もあると思うが、ビールマニアの方ぜひお試しを!
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-30 19:20 | 酒うんちく
b0006520_2035645.jpg
 私の最も尊敬する、偉大なBARいや全ての飲食店を含んで一番だと思う店が浮間舟渡にある。板橋で最も素晴らしいバーテンダーがいる浮間舟渡のやきとり屋「やきとり森谷」である。何が凄いかというとバーテンダーのドリンク技術、お客様の接客技術、そして値段。
バックバーは焼酎を中心に洋酒やカクテル用のリキュールまで取り揃えてあり、カクテルの王様マティーニを頼んでも板橋で1番の味。(当方が飲んだ中では)。店内はいつも混んでいるにもかかわらず、一見のお客さまでも常連のお客さまでも隔てなく行き届いた気遣い!!
神業です!酒好きならば誰しも憧れる「美味い肴と美味い酒」が両方満足できる恐るべき場所で、最後の会計でも驚愕することになる!ビックリするほど安いのである。当方が酔っぱらうまで飲んでも5000円を超えるのが至難(そこそこの酒を飲んでいる)通常8000円ぐらい飲んだだろうと思っても会計は3500円ぐらい!どうなってるんだろう?
 当方が言いたいのは美味いから、安いから、良いわけではない。その総合のパフォーマンス!<奈落の底>の目標店であり、いつかこのような満足感が得られる店にしたいと常ずね思っている。

・やきとり森谷
JR埼京線浮間舟渡駅下車徒歩1分
住所:舟渡1-13-10-105
℡:03-3965-8938
定休日:日曜・祝日
酒棚:焼酎をメインに洋酒多数
雰囲気:焼鳥屋なのにバックバーが充実し本格カクテルも飲める
チャージ等:-
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-30 04:56 | BAR放浪記
b0006520_21362361.jpg
コイーバ8年(CHOHIBA)-ゴールド・ラム-
 カリブのドミニカ共和国産ラムを独自に輸入ボトリング。シガーの「コイーバ」との相性をを追求した一品。エステル系やドライフルーツ系の香、やや通好みの味わい。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-28 21:35 | 酒うんちく
b0006520_351765.jpg骸骨をテーマにした作品は本当に少ないです。その数少ない頭蓋骨の絵。それぞれのアイテムは時代を風刺していたり、色々な暗喩らしいです。

ヴァニタス-書物と髑髏のある静物画-
エドワールト・コリール
上野国立西洋美術館

・エドワールト・コリール
 他に静物画が数点あるらしいが詳細が発見できませんでした。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-26 03:51 | ホラー
b0006520_20174793.jpgとうとうやってきました。キンクレイス!
そこで再度市場価格を調べてみたら意外な発見が!
市場に出回っているのってみんな40%の加水調整品なんですねー
今回のは52.8%カスクです。

豪勢な木箱入りで、なんと証明書付き!

キンクレイス 1969 35年 ダンカンテイラー 52.8%
 カスクNo301455 ボトリングNo 88/207

あとテイスティング会の定員は6名空いております。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-22 20:20 | 酒うんちく

地獄の門-ロダン-

b0006520_19762.jpg
ロダン 地獄の門

上野の西洋美術館に地獄の門を見に行ってきた。ダンテの新曲をテーマにした地獄の門は私のイメージでは門の表面には悪魔が数多く彫られているのかなと思いきや無数の人が苦しげに彫られているように見える、ロダンにとっては人間社会そのものが地獄だったのだろうか?考える人もこの作品の一部だったとは実に終生の大作らしいスケール。

・オーギュスト・ロダン(Auguste Rodin)
1840-1917 彫刻家
代表作「考える人」「地獄の門」「鼻の潰れた男」etc
ちなみに生きているうちは余り売れなかった不幸な芸術家らしい。
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-21 19:07 | ホラー

しぇりークラブ-銀座-


b0006520_19265338.jpg 有楽町駅から歩いて7分ほど、当方は方向音痴のため毎回のように迷子になってしまうのが難点(笑)
 シェリー専門店、バックバーを見るとほとんど日本で流通していない酒ばかり、スペイン産のカナリ貴重なボトルが比較的安価な値段で飲めます。料理も凝ったスペイン料理が多く、自信を持ってうまい酒とうまい料理を堪能できる店です。シェリー以外もスペイン産のブランデーやリキュールそして、アブサンも豊富に取りそろっており、当方は、アモンチャリャードを数種類のんでからアブサンで〆ます。

満足度:★★★★★(5/5)

<奈落の底>でもスペイン産アブサンの入手でお世話になっております。

・しぇりークラブ

東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル2F
tel.03-3572-2527

17:30~24:00/火曜日~土曜日
17:30~深夜まで/金曜日・祝祭日前
15:00~/日曜日
定休日:月曜日、祝祭日
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-20 19:26 | BAR放浪記
本蓮沼から歩いて5分、17号(中山道)沿いにあるアメリカン・スタイルのBARに行ってきた。
ギネスの生があり美味かった。きっちりと管理をされているみたいでかなりびみであった。
店内も、なかな凝った雰囲気で!うーん、アメリカン!

SMOKEY BEAR’s
三田線本蓮沼駅徒歩5分
住所:小豆沢1-10-9
℡:03-5392-6778
定休日:日曜日
酒棚:ギネス・ドラフト、カクテル中心
雰囲気:アメリカン・バー・スタイル

写真取り忘れました。ごめんなさい
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-19 21:24 | BAR放浪記
b0006520_18563892.jpg
今年は数多くのアブサンが輸入されそして2品輸入元終売となった。
結局残ったのはフランス産アブサンばかり
1.アブサント(プロブナンス社)
 淡い黄色を帯びた淡緑色で加水すると強く白濁する。日本に一番最初に入荷されたアブサン、甘みが強く、アニスフレーバーはやや強い、マイルドで価格も安めなので初心者にお勧め。
2.ペルノーアブサン
 淡緑色で白濁する。元祖アブサン、本家本元!当方もこのアブサンをテイスティング基準にしている。
3.トレーネ・アブサン
 ハッキリとした蛍光緑色加水してもあまり濁らない、ミント系のフレーバーが主体なのでアニス嫌いの人にもお勧め。
4.ヴェルサント・ブランシュ
 無色透明で加水すると牛乳並みに完全に白濁する。糖分は含まれなく、甘みはリコリス。オルディネール博士のレシピで作られたとされる一品。30ppm近くのツジョンが含まれる。

来年はよりアブサンが有名になりますように&スペイン産かチェコ産アブサンが輸入されますように!

・何故輸入元で終売になってしまうか?
 もちろん売れなくなったためと言う簡単な理由から、通関の厳しさの点もある。近年通関が厳しくなり「原料・製造法」の提出が厳密になり、製造元の証明書が必要なのである。しかし、リキュールメーカーにとって原料や製造法は門外不出のレシピが多く特に、薬草系リキュールは一子相伝並の秘伝とされているケースが多い、このためにリキュールメーカは明かしたがらないので証明書が発行されない。このために終売や輸入が出来ないケースが増え始めている。もちろん添加物(着色料)で引っかかるケースもあるのだが・・・・
 しかし、疑問点もある。秘密のレシピで有名なシャルトリューズはどうしているのか?もし、提出した秘密が外部に漏れた場合国はどのような対処を取ってくれるのか?その国の文化遺産とも言える技術を公開せよというのは許されるべき事なのだろうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-15 19:22 | アブサン
b0006520_20213836.jpg
 <奈落の底>ではバーテンダー修行生を迎え入れている。アルバイトではないので給与は出ない。その代わりにバーテンダーの技術と営業終了後にテイスティングでお酒の味を勉強できる。カウンターに立つまでバーテンダーを1人育てるのは非常にコストがかかる。どんなに早い人でも3ヶ月ぐらいみっちりと教えないとスタッフとして役に立たない。2・3の技術以外は知っていれば誰にでも出来る簡単なことが多いが、その覚える数が半端なく多い。そのために、挫折する人が多く、当方の感覚ではバーテンダーになれる人は20人に1人いるかいないかである。面接でバーテンダーの仕事の楽しさと現実を説明するとおよそ半分の人が採用・不採用を聞く前に断ってくる。残りの9割は1ヶ月以内でやめてしまうのである。技術を教える手間と時間、テイスティングや練習用の材料等のコストがお店に大きく負担をかけるのである。そのために普通のBARは、未経験者を雇うことは希である!私も40店ぐらい面接で落ちた経験がある。

そこで、バーテンダーに未経験者がなる方法としては
1.バーテンダー協会のスクールに通い紹介してもらう
2.「無給でよいので勉強させてください」とお店に頼み込み(研修生・修行生)、その後就職先を紹介してもらう(その店で実力が認められればそのまま雇ってもらえることもある。)
3.独学で勉強しつつ、大手のパブや居酒屋・レストランでアルバイト後に地道に面接を重ねる。

が考えられる。<奈落の底>でも修行生を受け入れているが、ちなみに結果は

説明であきらめた人 8人
1日で来なくなった者 1人
2・3日で来なくなった者 3人
1ヶ月ついて来た者 1人
現在2週間目突入 1人

バーテンダーになるのは大変です・・・・

写真はウォッカトニックの作成練習中!
[PR]
by bar_absinthe | 2004-12-14 20:22 | その他