酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0006520_19534544.jpg
セガーラ・アブサン(スペイン産アブサン)
Segarra Absenta45%
 Julian Segarra社のアブサンで、スペイン産の中では高額なアブサン。当方の周りではスペイン産の中ではダントツの人気銘柄。日本には未輸入。香りはコリアンダーの香りが強くアルコール度45%とは思えないほどしっかりとしたアタックを持つ、舌への痺れ具合もGOOD!
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-30 23:23 | アブサン

使えないソフトでトホホ

 プライベートでホラー番組を録画したものをCMカットしてみたい!!と思い軽く調べて低価格なソフトを選択した。TransRecorder SceneCutterを買ってみた。このソフトは手動でカットするならばとっても便利。30分番組なら5分程度の作業でさくさくとカット出来たが・・・このソフトを選んだ理由はプラグインを導入することにより自動CMカット機能が使える!!

>TransRecorder SceneCutter2.0では、あらたに自動CM検出にも対応。オプションの
>Auto SceneDetector 1.0 Plug-Inを組み込むことで、高度なシーン検出技術を使った>自動CM検出機能

ということで選択したはずだった・・・・

そう、CMの箇所をばっちり見つけてくれると信じていた・・・・

しかし、全く使えないではないか!!
メーカーは100%の精度ではありませんと書かれていたが、あまりにも使えない
30分番組の分析に15分、その結果、100近くのマーカーと見当違いな箇所のCM検出結果
ソフト付属の音声判断のほうがまだ使える。

メーカーに使える環境とか条件とか設定とかないんですか?
とメールを送ってみましたが・・・返答なし

どうしてこんな未完成なソフトが発売されたのだろうか?

まさに人柱、やっちゃいました(哀)
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-30 23:09 | 酷い目に遭いました

侍士の門-芋焼酎-

b0006520_21835.jpg
侍士の門(芋焼酎)
Samurainomonn 25%
 鹿児島県西酒造で作られる日本侍士の会が提案した芋焼酎で、幻の米「白玉」を復活させ使用。現在プレミアムが付きまくり2~4倍の値段で取引される。元値は3000円台。かの芸能人松本人志が好んだといわれている。香りは吟醸香を含んだ軽やかな芋の香り、アタックはほとんどないくらい柔らかくほのかに甘い・余韻はやや長くバナナなどの果実香がほのかにある芋の香り。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-26 02:19 | 酒うんちく

b0006520_219238.jpg
 アサヒビールからおもしろい一品が限定販売された。4つの酵母ナンバー111、318、787、920。使用酵母の違いを堪能できる一品。
 さて味は、国産大手の920以外は可も不可もない味だが、
111はあっさりライトタイプ
318は苦みとキレが特徴
787は濃い苦みと甘みが強いのが特徴的
920は甘みが強く味が濃厚
111と318は当方の舌ではロット差ぐらいの差しか感じないが(111と318)と787、920は明らかに違いがはっきりしている。当方の好みは920

でメーカーコメントは
111 麦の香りを引き立たせ、なめらかな味わい
318 コクとキレのジャストバランス
787 しっかりとしたコクと芳醇な香り
920 華やかな香り、すっきりとした味わい

メーカーコメントとそんなにずれがない気が・・・とちょっぴりご機嫌になった一品でした。
ちなみに、<奈落の底>にはありませんので自宅で試してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-23 22:34 | 酒うんちく

野ざらし-熊笹焼酎-

b0006520_2193661.jpg

野ざらし(熊笹焼酎)
Nozarasi 25%
 長野県の千曲錦酒造の一品。ラベルが気に入り思わず買ってしまいました。万能薬として考えられていた クマ笹の葉を米焼酎の二次仕込みに加え減圧蒸留。まるでジンのような作り方だ!名前の由来はどうやら能の名作「卒塔婆小町」を題材にしているようです。(当店の常連M様からご教授いただきました。)さて、香りは黒糖やナッツ、米麹。口に含むと柔らかいアタックの後甘みを感じ、植物系の青臭さ(いわれてみれば笹?)の香りが漂う。余韻はきれがよいために短い。おすすめの飲み方はロックやお湯割り、ストレートをぬる燗でがおすすめです。

リナ嬢コメント
 ほのかに甘い香り、マイルドで甘みがある。のみやすく、癖がない。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-22 03:40 | 酒うんちく
b0006520_110296.jpg
ド・カステルフォール1979-バー・アルマニャック・ブランデー-
De Castelfort 1979 40%
 フランス、アルマニャック地方バー・アルマニャック地区のブランデー。アルマニャックは、値段比の品質が高いのになぜかマイナーで値段が安い、個人的にはこのままマイナーでやすくて美味いままであってほしいものだ。
 香りスミレ、レモン、蜂蜜、レンゲ、青リンゴ。口に含むとセメダイン、洋なしの香りの後甘さを感じ忘れた頃にアルコールのアタックがマイルドにやってくる。余韻は長くリンゴや梨。カルヴァドスのようなフルティーさとアルマニャックの骨太な甘みと厚みがあるコストパフォーマンスは抜群によい。

3800円前後、88点

リナ嬢コメント:
 香りはリンゴ、洋なし、花のような植物っぽい香り。味は蜂蜜のような甘みが広がった後少し酸味があり果実のよう。アフターはさわやかなフルティーさも残りつつアタックの強さもほどよく残る。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-18 01:10 | 酒うんちく

真夏の果実-全芋焼酎-

b0006520_14522739.jpg

真夏の果実 -全芋焼酎-
 Manatu no kazitu 30%
 鹿児島県黄金酒造の夏季限定で芋麹使用で100%芋、全芋焼酎で度数も高くガッツリ系。通にはたまらない一品。
味わいはきっちりとした芋々だけどドライでグラッパ様の香りを感じる。後味もドライ。まさにロック向け。
おすすめはロック・ストレートでロックにライムを添えるのも蔵元推奨の飲み方とか。あえてケチをつけるならばちょっと焼酎にしては値段が張ることのみ。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-16 14:53 | 酒うんちく

アブサン・アーカム

b0006520_14553489.jpg

アブサン・アーカム
Absinthe Arkham 68%

 アメリカ、マサセッチュ州アーカムにある。ギルマン蒸留所産のウォルターおじさんが手作りで作る一品。ではなくヨーロッパのどっかで作られている密造系アブサンを飲む機会を得ました。

名前は、アブサン・アーカム!それ以外はアルコール度は68%でヨーロッパのどこかの密造品らしい以外全く不明のアブサン。とある伝手で私の元にシュエプスのトニックウォーターの瓶に入ってやってきました。

色は暗緑色でその味わいは、市販品を完全に凌駕する強烈なハーブの香り、飲むと、オレンジ、コリアンダー、アニス、ミントと一連のアブサンフレーバーをすべて感じる。しかも、強烈、余韻はとてつもなく長く、数時間つづく。まさに化物で幻桜で飲んだものには勝てなかったがまさに密造系。加水すると若干濁る。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-14 22:28 | アブサン
b0006520_21182249.jpg
アブサン・エドワー(アブサン)
 Absinthe Edouard 72°
 1897年のペルノーアブサンの再現ボトル。アブサン禁止令により製造を停止したペルノー社の蒸留器を買い取ったメーカーでその蒸留器を使用。限りなく当時の本物に近いアブサン。色は黄緑色で少し濁りがある。香りはアニス、アンゼリカ、口に含むとアタックは強く、香りがはじける、アブサン系の香りだが複雑で表現できないその後に強い苦みが残る。余韻と舌へのビリビリ感が強く、秀逸。不思議とツジョン濃度は低く3ppm。味覚的だと15以上はありそうだが・・・ビリビリ感とツジョン濃度は関係ないのか?ペルノーアブサンをグレードアップした味わい。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-04 21:18 | アブサン
b0006520_2115650.jpg

ヴェルト・スイス(アブサン)
Verte Suisse 65°
 1823~1910年のアブサン禁止令までスイスで作られていた、C.Fペルジェ蒸留所の一品を復活させたもの。色は黄緑色でうっすらと濁っている。香りはコリアンダー、レモンピール、日本酒の古酒のヒネ香と樽香。柑橘系の香りが強い。口に含むとスミレやホウセンカ・オシロイ・石けん、リコリスの甘みが強い。余韻は長く、現在輸入されているアブサンの中ではもっとも余韻が長い。舌へのビリビリ感も強くツジョンも高そうだ。と思ったらツジョンは5ppmほどとか?やっぱりビリビリ感とツジョン濃度は関係ないのだろうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2005-09-04 21:14 | アブサン