酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

b0006520_21195111.jpg

ブラックニッカ12年(ジャパニーズ・ブレンデット・ウイスキー)
Black Nikka 12y 40%
 ブラックニッカが誕生40周年限定品。ニッカ宮城郷蒸留所のカフェ・グレーンを中心にブレンデットしたウイスキー。香りはシェリー、バニラ、洋なしと華やかでローランド風。口に含むとアタックはマイルドで甘みが強い。余韻は短いが心地よい花のようなフルーティーさがある。モルトがメインと言うよりもグレーンの柔らかさがよく出ていて美味い。水割りやロックもいける。加水するとよりバニラやキャラメルの香りが広がる。

2000円近辺65点
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-31 21:20 | 酒うんちく
b0006520_022927.jpg
キャンベルタウン・ロッホ(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
CAMPBELL TOWN LOCH 40%
 キャンベルタウンにあるスプリングバンク蒸留所ブランドのブレンデット。スプリングバンクを中心にアードモア、トマーチン、コンヴァルモアがブレンデットされている、ウイスキー通の話題にのぼった定評あるブレンデット・ウイスキー。
 香りはナッツ、ゴム、きな粉。飲むとアタックはやや強く、甘さもほどよくある。バランスがよく、レモン、ココナッツ。余韻はやや長く、少し塩っぽい。
ブレンデットとしてバランス重視の一品。余韻は塩っぽさがスプリングバンクを確かに思い出させる。

2000円台65点
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-29 23:12 | 酒うんちく
b0006520_20304772.jpg

 ジャック・オー・ランタンを作るのも3回目で今年は手早く完成することが出来た。
10/31(月)のハロウィン・・・何をしよう・・・
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-28 20:30 | ホラー
b0006520_42407.jpg
富士山麓(ジャパニーズ・ウイスキー)
fuzisannroku 50%
 キリンのブレンデットウイスキー、キリンは、富士山の近く御殿場に蒸留所を持っており、マイナーなウイスキーを作り続けてきた。(エバモアとか)今回低価格で美味い商品を出し、マイナー脱出を狙ったような一品がこの富士山麓。かなりウイスキー好きを意識しているのか度数は50°と高い。さて香りは、洋なし、キャラメル、レンゲ、かなりフルティーで樽香が強めだがほどよい。アルコールのアタックは50°なのでガッツリと感じるが、安いウイスキー特有の狡っ辛さではないので楽しめる。甘さと香りの深みは値段的には奇跡的。余韻は1000円台と思えないくらいは長いが平均的には中くらい。樽由来の木の香りとバニラ。加水すると更に華やかに3000円台のようにさえ感じる。1000円台のウイスキーでは最も美味いランク。家飲みに最適。
以前、国産のウイスキーで竹炭濾過をした、同価格帯のウイスキーがあったが、数ヶ月後に味が低下した例があったので、何とかこのままの美味さを保ってほしい。

1000円近辺78点
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-28 04:22 | 酒うんちく

板橋BAR案内-大山編-

 大山で2件BARをはしごしました。

一件目はラベルというお店で作りと言い、本格的なショットバー
ネットで検索したら住所しか見つからず、大山をぐるぐる回ってしまったが
見つけてみればなんて事はない大山駅から真っ直ぐだった。
ボトル数も400本オーバーとカクテルも新宿で修行されたマスターがうまい物を作ってくれる。
当方はピンク・ジン、ジンフィズ、デュワーズのオールドボトルを堪能。
カクテルもボトル数も満足出来る店でした。

2件目は焼酎バー稟
 板橋区役所から産業会館をすぎて大山駅のちょいと手前にある。
スタッフの方が何遍かうちに遊びに来てくれていたので、どこなのと聞くと
「自分でさがしな!」とつれない返事。今回やっと行くことが出来た。
さすが焼酎バーだけあって、一升瓶がバックバーに整然と並んでいるのは
安心できる品揃えで、100種以上と語られていたが150はありそう!
中はさっぱりした都会風、女性だけで利用するのにも躊躇いはなさそう。
・ラベル
東武東上線大山駅徒歩2分
住所:大山金井町41-3-1F
℡:03-3530-9119
定休日:月曜休業 20:00~05:00
酒棚:洋酒役400種
雰囲気:ショットバー
チャージ等:チャージなし 500~

・焼酎BAR 稟(リン)
東武東上線大山駅徒歩2分
住所:大山東町59-10三河屋ビルB1
℡:03-3962-0713

板橋バー案内に2件追加。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-27 00:17 | BAR放浪記
b0006520_21474375.jpg
アブサン・タブー・ドライ(ドイツ・アブサン)
ABSINTH TABU 55%
 初のドイツ系アブサン。過去に着色料で通関が通れなかった正規輸入不可な一品。色はすーズー並みに黄色い。香りは、白檀、シナモン、コリアンダー。口に含むと糖分的な甘さが強く、バニラ系の香り、ガリアーノのようだがしっかりとした苦みがある。舌への痺れはなくツヨンは低そう余韻はクローヴ、ミント、レモンピール。余韻はアブサンにしては極度に弱い。
今までの分類外の味でガリアーノにニガヨモギを入れたような味で非常に個性的。
加水すると濁る。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-22 21:58 | アブサン

b0006520_2159991.jpg
ク・デュー(スコッチ・スペイサイド・シングル・モルト・ウイスキー)
Black Whisky Cu Dhub 40%
 スコットランドのスペイサイド、マノックモア蒸留所の一品。意味はゲール語で黒い犬。同蒸留所はブラックウイスキーロッホ・デューをリリースしていたがその後継者的ボトル。極限まで樽を焦がして仕込み(多分カラメルも大量に入れているだろうが)、黒いウイスキーが何よりの個性。ラベルが何とも<奈落の底>的で墓地に怪しい人とオオカミ風の犬が描かれている。さて味の方はシェリー、杏、リンゴ、バームクーヘン。口に含むと焦げた甘みが広がり小さなアタックがくる。余韻は、中くらいで焦げたカラメル。アルマニャックや日本酒の古酒のようなニュアンスを感じるウイスキー、甘い。糖分的な甘みすら感じる。

2000円近辺 77点 ただしこのままで4000円近かった、4000円ならば47点

リナ嬢コメント;
ツーンとするアルコールの香りが強いほのかに甘いカラメルっぽい。口に含むと甘さと少しスモーキーさが同時に消える感じ。甘さ強め
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-22 04:47 | 酒うんちく
b0006520_22305096.jpg
コーダ・デル・ディアブロ(イタリア薬草系リキュール)
Coda del Diavoro 70%
 イタリア産のリキュールでラティラーソイッチラーを出している所と同じドリンクイタリア社の一品。名前の意味は「悪魔の最終楽章」。ホラーっぽい絵柄のリキュールは殆ど味に期待が出来ないが、このリキュールは薬草系好きには好まれる味。ストレートでOK。美味いです。香りはホウセンカ・グレープフルーツ、洋なし、シナモン。味は糖分的に甘く、薬草フレーバーとほどよい苦み。余韻はグレープフルーツっぽいハーブの香りとクローヴ、シナモン。アタックは強いが70%とは思えない、40%ぐらいのよう。
おすすめはストレートやソーダ割、ジンジャーエール割なんかがおすすめ。
ジンと合わせてアラスカの風に飲むのも良いかも

<奈落の底>ではこのリキュールを使ったジンジャーエール割のカクテルを勝手に「悪魔を哀れむ歌」に決定wぜひ堪能してみてください。
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-17 22:33 | 酒うんちく
b0006520_0311196.jpg

 スリランカのアラックの試飲会に行ってきました。ちなみに試飲会と言うよりもパーティーで慣れていない当方は戸惑ってしまいましたが(苦)
 スリランカにある Distilleries Company of Sri Lanka Limited(DCSL)社のアラックでハラミラの樽で熟成させた一品。日本では樽熟物のアラックはめずらしい。まだ流通していないようだが、今後市場に登場すると思われる。アラックは東南アジアを中心に作られている、ココナッツの実や樹液、花の蜜を原料に作られる蒸留酒で日本の泡盛・焼酎の原型(南方ルート)となった酒と考えられている。古い蒸留器はらんびきと呼ばれ。アラック→アランビック→らんびき と変化していったと考えられている。

 ベリー・スペシャル・オールド・アラック
  連続式の4年物

 ダブル・ディスティルド・アラック
  単式2回4年物

 オールド・アラック
  単式と連続式のブレンド4年物

 ラムに似た味わいだが、余韻はココナッツの香

ストレートや水割りやソーダ、ジンジャーエールがおすすめ。個人的には水割りが美味い。
<奈落の底>では少量入荷。南国気分を味わってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-16 00:32 | 酒うんちく

b0006520_222185.jpg
クール・ド・リヨン・ポム・プリゾニエール(ブランデー・カルバドス・ペイ・ドージュ)
Coeur De Lion Calvados Pomme Prisonniere 40%
 フランスのリンゴを原料に作れるブランデー、カルバドス一つでクールドリヨンはライオンハート「獅子の心」の意味、カルヴァドスで上級とされるペイ・ドージュ産。ポム・プリゾニエールの中身はレゼルヴ5年物と同じだがリンゴ入りがミソ。さて香りは蜂蜜、リンゴ、クラッカー。口に含むと甘くアタックは中くらい余韻はリンゴの香りが長く続く。まさに飲むアップルパイカルヴァドスのフレッシュ感と熟成感を両方楽しめる一品

8000円近辺75点
[PR]
by bar_absinthe | 2005-10-14 22:02 | 酒うんちく