酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今宵も、貴重なお酒情報に翻弄されている<奈落の底>マスターの私。この世は金ですよ、金!!バッカスの神様どうかお恵みを!!俺にロト6当てさせてください!!m(_ _)m
さて、今回は現ストックのバーボンリストを更新。
b0006520_23192555.jpg

ベリー・オールド・セントニック15y(バーボン・ウイスキー)
Very Old St.Nick 15y 53.5%
 由来は2つあり、セント・ニックと呼ばれたバーボンを作る老人の名前からで、クリスマスに特別熟成品を売り出していた。聖ニクラウス(サンタクロース)→セント・ニックになったとか、もう一つは、冬に体を温めるのにちょうど良いうまいバーボンを作っていたから「冬の番人」の意味から。原酒はヘブンヒルで独自に熟成、瓶詰めしている。セントニックのバリエーションは多く熟成年数が違う物、ライ麦、さらにウインターライやサマーライなど穫れた季節のライ麦で仕込んだものなど、一部でそろえるのがステータスとされる事もある。
香りは、洋なし、干し柿、バター、バナナ。口に含むと重く複雑、そしてヘビーな味わいだがアタックはとてもマイルド。余韻はやや長いがその後のキレが良く舌へ残りにくい。太くヘビーな味だが後味がサッパリなバーボン。

リナ嬢コメント:
 香りは、かなり吸い込んでもマイルドですごく柔らかい。桃、リンゴ。口に含むとアタックは強いが、ツンとくる荒々しい男性的な感じではなく上品な強さ。余韻はほどほど長め。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-31 23:19 | 酒うんちく
ここ3日ぐらい超ひまです。いつも暇暇なので潰れてしまいそう(哀)今日は、久しぶりに焼酎の注文のため、在庫の問い合わせをしてみたら・・・・。えっと今まで取引の方は~。毎月注文を頂くところを優先しておりますので・・・・。注文量の少なさすぎのようで忘れ去られているし・・・ダメダメです。そんな<奈落の底>で今日も落ち込んでいる私・・・・いつか破産するな~と思いながら超長期熟成焼酎を買おうか?ダンカンテイラー38年、欲しいなーと迷っている私・・・・ますますダメダメです。今回の「エギュベル・ラファエルってシャルトリューズにも負けない美味い薬草系らしいぜー高いけど・・・」と聞くと買ってしまう私。と愚痴が多くなりましたが・・・
b0006520_2101135.jpg

エギュベル・ラファエル(薬草系リキュール)
Aiguebelle La Raphaelle 45%
 南仏プロヴァンス・エギュベル修道は実に様々な酒を造っている。各種リキュール以外にもジンやウォッカまで・・・そんなエギュベル修道院の最上級薬草酒ラファエル。ラファエルはキリスト教のカトリック系の大天使の一人。3人の最上級天使の一人だとか。兎も角、そんな名前を付けちゃうほどゴージャスで至高のリキュールということでしょうか?薬草の種類は約30種類、15年のオーク樽熟成。ラファエル同様、最強クラスの薬草酒でありながらいまいちマイナーなそんな薬草系リキュール。(ちなみに私的な3大薬草リキュールはアブサン(銘柄ではないけど)、シャルトリューズ、エギュベル・ラファエル)
 香りは、オレンジ、リンゴ、カモミール。口に含むとモルト、やや強い甘み、アタックはマイルドでオレンジ、ナッツ、クローヴ、イラクサ、干しぶどうetc複雑の極み!!。余韻は長く長くいつまでも複雑でフルティー&ハーブのさわやかさが共に続く。最強クラスの薬草酒です。うまい!!

リナ嬢コメント:
 バニラ、シナモン、メープルシロップ、ハチミツ。口に含むとホワイトチョコやミルクチョコレート、カカオ、チョコミント。最後の方に薬草系のピリッとした感じが来る。余韻がすごく長い。
 
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-30 21:02 | 酒うんちく
今回も<奈落の底>ドイツフェアーのワイン。
b0006520_22582092.jpg

ホフマン・メルロー・トロッケン2004(ドイツ赤ワイン)
Pfaffmann Merlot Trocken 13%
ドイツ・ファルツ地域の赤ワイン。香りは、バラ、キンモクセイ、アンズ。口に含むと非常に軽くフレッシュ、やや強めのさんだが酸っぱすぎるわけではなくほどよい。余韻はやや長くブランデーや樽。ボジョレーより軽くフルティーナワイン。

リナ嬢コメント:
 香りは、ラズベリー、プラム、ベリー系の果実の枯れた香り。フルティー。口に含むと、甘みはほとんど感じなく、しっかりズッシリと男性的だが最後は軽くてドライ。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-29 22:58 | 酒うんちく
<奈落の底>ドイツワイン入荷第二弾!!やっぱりドイツワインはうまいなー
b0006520_4542831.jpg

ヴィッラ・ローゼン・リースリング2004・クー・ベー・アー
Villa Loosen Riesling 2004 QbA 8.5%
 ドイツ・モーゼルのドクター・ローゼン醸造所の一品。香りはハチミツ、蜜蝋、リンゴ。口に含むと甘みと旨味がぐっと迫ってくるやや強い酸味。余韻は余り感じられない。リースリングらしいバランスのとれた甘みと酸味。素直に美味い!
 
リナ嬢コメント:
 目立った香りはしない、酸味が強く舌がキュとなる、ドライで甘みは少ない
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-28 04:54 | 酒うんちく
世の中ワールドカップドイツ大会が近いらしい、初夏だし、梅雨だし、そうだ!
ドイツワインが飲みたい!!としばらく<奈落の底>でドイツフェアーをやることにしました。
まずは一番お手軽な一杯。ドイツのテーブルワイン(日常消費ワイン)です。
b0006520_3543694.jpg

カールハインツ・ベルンカステラー・クー・ベーアー(ドイツワイン)
Karl Heinz Bereich Bernkastel Q.b.a
 カールハインツは各種低価格の日常消費ワインを送り出しておりその中でもこのベルンカステラーは抜群に美味い!!
ベルンカステルはモーゼル・ザール・ルーヴァー地域の銘醸地区(ドクトールやゾンネンウアー等の最高の畑が密集する地区)。この地区は元が美味いのであまり、テーブルワインにならない模様。
一応Qbaだが、価格的には完全にテーブルワインクラス。ごくごく飲めます。
香りはミネラル、粘土、ミカン、レモン、ライム香りはライト。口に含むとほどよい甘みと酸味。ミネラル。余韻はライトでさっと消えていく、コストパフォーマンス抜群のテーブルワイン。
白では最高ランクのテーブルワイン。

リナ嬢コメント:
 ほのかに軽く、マスカットの香り、塩っぽいミネラルな味と香り。甘みは中間ぐらいだけどすっきりしているので飲みやすい。

 
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-27 03:54 | 酒うんちく
今回の品は、海外のアブサンが気になるので個人的に入手したアブサンで<奈落の底>の入荷品ではありません。
飲みたい方は、個人輸入で買ってね(笑)
b0006520_2114551.jpg

コルシカアブサン(フランス領コルシカ島のアブサン)
Mannarini aux plantes d'absinthe 55%
 フランス領コルシカ島のアブサン。コルシカ島はイタリア半島の付け根に位置する。
Corse sud distillerieの一品。香りは、アニス、ミント、複雑だがやや弱い。口に含むと糖分の甘みがハッキリあり、アタックも強い。やや強めの舌へのビリビリ感、複雑な甘さ、ミント、オレンジ、チョコレート、アニスかなり複雑。
余韻はアブサンの中でも長く複雑、パイナップル、ナッツ、胡椒etc。
糖分が入っているアブサンの中では抜群の複雑さと心地よい甘み。非常に美味い。
加水すると濁り香りがより華やかに!
 リナ嬢コメント:
 落ち着いた香り、極甘で最初から一定のアタックがあり静かに消えていく。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-26 21:02 | アブサン
<奈落の底>バーボンリスト更新です。
b0006520_19442438.jpg


オールド101(バーボンウイスキー)
Old101 50.5%
 原酒はヘブンヒル社。昔あったブランドの復刻品。
通常のバーボンは殆ど光に透かしても濁らないがこの銘柄はフィルターをかけていないのだろうか?
不思議と光に透かすと濁って見えるが劣化しているわけではない珍しいタイプ。
 香りは、キャラメル、菓子パン、シェリー。口に含むとアタックは強くやや濃い味。苦みが強く残る。余韻はやや長く、焦がしたタルト香りと味がハッキリとしている。加水すると味が崩れ石けんや化粧品の香りがするので加水はおすすめできない。

リナ嬢コメント:
 きれいな樽の香り、プラム、桃、フルティーな香り。全くツーンとしないバランスがとれている。味、アルコールのアタック、余韻ともにバランスがとれており嫌みのない味。バーボンの中で美味さ上位にランクイン。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-20 19:44 | 酒うんちく
 基本的にパスティスは余り好きではない。アブサンの代用にすぎないし、なぜか味が気に入らないアブサンは好きなのだが・・・しかし、パスティスが飲みたいと言うお客様の要望もある・・・普通のパスティスは入れたくない・・・・そこでオールドボトルを入荷しました。
b0006520_21382284.jpg

リカール 80年代(薬草系リキュール・オールドボトル)
RICARD 80s 45%
 80年代の物と思われるリカールのオールドボトル。20世紀初頭フランス・スイスの数カ国でアブサンの製造販売が禁止になった際に代用として作られたアニス系の酒「パスティス」似せた物の意味。その2大銘柄の一つ。(もう一つはペルノー)現在はフランスを代表する薬草系リキュール。

香りは、アニス、フェンネル、スターアニス、バナナ、チョコレートほどよい瓶熟の香り。アタックは軽くあるがすぐに引き糖分の甘みとリコリスの甘みが段階的にやってくる。余韻はやや長く、舌への心地よい甘みが残る。

リナ嬢コメント:
香りはさわやかに軽い、レモン、ミントのような香り。しっかりアルコールのアタックと余韻は十分にある。甘みが強い。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-19 21:46 | 酒うんちく
良く賄いようとして低価格のブレンデットを買う、最近、カティーサークの50%が出たんだー
のみてーと思っていた。買ったらフレーバーウイスキー・・・・・まさにびっくりな味!初めての体験でした。
b0006520_252324.jpg


カティー・ブラック(フレーバー・ウイスキー)
Cutty Black 100 Proof 50%
 カティーサーク系のフレーバーウイスキー。昨今、熟成樽の中にフレーバーを付けるための板を入れたウイスキーが大問題になったりしましたが、こいつは、そのさらに先、スパイスを入れちゃいました。
オイオイアリなのか?香りはアルコール、樽、アニス、シナモン、接着剤。とてもパワフルで暴力的。
口に含むと甘みが強く、その後強烈なアルコールのアタック。舌への甘みが残る。余韻はほどよいアニス、樽香。
 実に変わったウイスキー。強烈なアニス風ウイスキー。ジンジャーエールで割ったりが美味いかも。

リナ嬢コメント:
 香りは、ブレンデット・ウイスキーとは思えない。リキュールやグラッパのような複雑な香り。
口に含むとシロップのような甘み、同時に薬草系の香りと味が強い。
少し変わったインパクトのある味。リキュールのよう。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-18 02:52 | 酒うんちく
久しぶりに<奈落の底>バーボンリストのテイスティングをUP。決算が終末へ。頭がパンクしそう!!

b0006520_12078.jpg

オールド・ヘブンヒル15年・ボンデット(バーボン・ウイスキー)
Old Heaven Hill Bottled in Bond 15y 50%
 バーボンの超大手メーカーの15年物。ケンタッキー州バーズタウンのヘブンヒル蒸留所で作られていたが近年火災で燃えてしまった。蒸留所はその後もまだ修復されず、
今後ルイヴィルのバーンハイム蒸留所の原酒に推移していくようだ。あと5年か10年ほどでこの銘柄もなくなるか、原酒が替わってしまうだろう。
 香りは、接着剤、レモン、バナナ、ジンチョウゲ。口に含むと甘く感じた後強烈なアタック。味の厚みもあり美味い。余韻はかなり長い。コストパフォーマンスがよい厚みがあり甘く重たいバーボン。

リナ嬢コメント:
 香りは、レーズン、はちみつ。味はアタックがガッツリ来る力強い。最初から最後まで一定に強さが続いていく。余韻は長く男性的。最後に少しの甘みを感じる。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-05-17 07:25 | 酒うんちく