酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日は早起き、こんなに早く目が覚めてしまいました。今回のアブサンも個人で手に入れた非売品です。飲みたい方は個人輸入で入手可能ですが現在ユーロががんがん騰がっていますので(哀)
b0006520_11253910.jpg

セクシー・ブルー(スペイン・アブサン)
LEHMANN ABSINTA SEXY BLEU 30%
 スペインのLEHMANN社の青くて度数が低いアブサン。アブサン界では最弱のアルコール度数かも!?かなり青いので確実に舌が青くなる素敵な仕様。さて味は?

香りはチェリー、マンゴスティン、桃、パイナップル。南国系の甘いリキュールやシロップ。口に含むと激甘でピーチリキュールやサザンカンフォートやアプリコットブランデーのようだが苦みと舌へのビリビリ感はしっかりある。甘々でかき氷のブルーハワイを思わせる。

リナ嬢コメント:
 香りはココナッツ、パイナップル。口に含むと薬草ぽい味などは余り感じない、アタックも余韻も軽い、ココナッツリキュールみたい。ブルーキュラソーの味にも似ている(オレンジの皮やコアントロー)
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-30 11:26 | アブサン
b0006520_4434777.jpg
アブサンラウンジ L'HEURE VERTE(アブサンイベント)
 9/27(水)六本木「SUPER DELUXE」でアブサンと灰野さんの音楽イベントがありました。
私も原料のハーブをお土産に出かけてきました。酔っぱらった勢いで方端からしゃべりかけてアブサンの感想を伺いました。結果、初めて飲む方の多いこと多いこと!!まだまだ知名度は低いようです。当方はかなり飲み過ぎでヘロヘロ、記憶が飛びまくりで・・・・写真も取り忘れて・・・・・ついでに、一緒に行った方は鞄をなくしてしまいました・・・・(出てきたけど)
用意されていたアブサンは、
ペルノーアブサン
ヴェルサント
ヴェルサント・ラ・ブランシュ
アンエミル・ホワイト
アブサン・エドワー
ヴェルトスイス

でした。記憶が断片ですのでこの辺で・・・・・
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-29 04:44 | アブサン
この時間は本当に暇すぎです。しかも、雨模様・・・メタルで元気を出そうとBGMを替えましたが憂鬱です。今日は<奈落の底>バーボンリスト更新。

b0006520_20401527.jpg

ファイティング・コック6年(バーボン・ウイスキー)
Fighting Cock 6y 51.5%
 副原料にライ麦ではなく小麦を使用したヘブンヒル社の原酒を使っている。「闘鶏」の名の通り、荒々しいバーボンの一つ。
 香りは、バナナ、オレンジ、アプリコットジャム。口に含むとアタックは強く刺激的、味のボディーはやや重く、口の中で暴れる。余韻は長く複雑。荒々しいバーボンを期待するならばお勧め。

リナ嬢コメント:
 香りは、マンゴー、桃、柔らかい香り。アタックから余韻まで一定の強さ。甘みもしっかりしていてバランスがよい。安定している。ボディーもしっかりしている。

参照:世界銘酒辞典2004
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-26 19:57 | 酒うんちく
相変わらず前半は超暇でまだ誰も来店がない<奈落の底>。暇なときのジンクスで、カップラーメンにお湯を入れるとお客様がいらっしゃることが多いので、現在すすりながら食べている。
あっお客様と思ったら、酒屋さんが請求書を持ってきただけでした・・・・。レトルトカレーも食べた方がいいのだろうか?と訳の解らない思考をし始める・・・・。
b0006520_20542938.jpg


エズラ・ブルックス・グリーン(バーボン・ウイスキー)
EZRA BROOKS 40%
 オーエンズボロのメドレー蒸留所で作っていたバーボンだが、グレンモア社に買い取られてグレンモア蒸留所となり91年に閉鎖されたらしい。
その後、95年にメドレー一族が再び買い取り96年より稼働したとかボトリングだけとか資料によりまちまち。メドレー社の原酒も少量入っているらしいがメイン原酒は秘匿となっている。
エズラ・ブルックスにはブラックラベルとグリーンラベルがあり、前者は45%。今回のグリーンは40%度数以外の違いも資料がないので不明。光に透かすと、無濾過品や劣化したボトルのように薄濁りがあり心配になるが飲んでみると問題ない、ノンチルなのだろうか?最初から濁っている珍しいバーボン。
 香りは白ワイン、土っぽさ、おがくず。口に含むとアタックはマイルドで、味のボディーはライト。余韻はとっても軽いが長く続く。ライトで口当たりが優しいバーボン。ロックやストレートでごくごく飲みたい。

リナ嬢コメント:
 香りはアンズ、パイナップル、甘い香り。口に含むとアタックは控えめだが軽すぎない。余韻は柔らかくすっと消えていく。優しい味。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-23 20:55 | 酒うんちく
開店して一時間経つのにまだ・・・誰もいらっしゃらないし朝起きたら目が腫れてるし、さっきスタッフが「足くじいちゃった、休みます、てへ」と連絡が来るし、PC突然落ちるし・・・・と運気が下降気味な今日この頃。
b0006520_20142993.jpg

エギュベル・ジン(フランス・ジン)
Eyguebelle Gin 40%
 南フランスにあるプロヴァンス地方、トラピスト派エギュベル修道院の工場で作られているジン。この修道院はホントに色々な酒を造っている。ラベルにはアペリティフ(食前酒)の文字があるので食前酒向けのようですが・・・

 香りはジェにパーベリー、ミカンの皮、バラ、オシロイ、クローヴ。口に含むとアタックはかなりマイルドで糖分的な甘さを感じる。余韻はバラ系の香りが長く続く。
かなり花のような香りが強く甘いジン。ロックやジントニックでサッパリのむのがおすすめです。

リナ嬢コメント:
香りはバラ、オレンジの皮、レモン、マーマレード。口に含むとものすごく華やかな香りが広がる。甘みも強い。リキュールみたいな感じ、女性的でコアントローのような風味。

東京の辺境、蓮根のBAR<奈落の底>
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-22 20:15 | 酒うんちく
最近また暇々で・・・こんな時間にブログを書いてしまう。お酒のうんちくだけで最近いまいちだね。と言われてしまったが・・・ネタがないです。お酒のことぐらいしか・・・。オークションで40年以上前のものと思われる。壽屋時代のヘルメス・コーヒーリキュールを手に入れました。リキュール好きの方口開けお願いします。瓶熟40年さて生きているのか?!
b0006520_22105085.jpg

エル・テソロ・パラディソ(テキーラ・アネホ)
El Tesoro Paradiso 40%
テセロはスペイン語で宝石や宝物、富をパラディソは天国や楽園の意味。まさにテキーラ界の宝物!!エル・テソロの最上級品。もちろんアガペ100%のアネホでございます。
香りはライチ、干しぶどう、ゴム、シェリー(ペドロヒメネス)口に含むと、レモン、オレンジ、サボテン、アロエ、カリン、ハチミツなど複雑でフルティーな香りを感じた跡にマイルドなアタック。味のキレがよいが複雑。
余韻は長く、ハーブやハチミツ、モルト。かなりフルティーなテキーラ。テキーラでフルティーな品は稀少、きれいで上品。激美味テキーラ。

リナ嬢コメント:
 甘く、白桃、ハチミツ、マスカット、青梅。落ち着いた主張する香りではなく優しい香り。口当たりはものすごく優しく多くのテキーラが持つ攻撃的な味はしない。ものすごく上品。
今まで飲んだテキーラの香りで一番フルティーでよい香り、こんなに優しいテキーラは初めて。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-20 22:12 | 酒うんちく
10月の半ば頃にスペインへアブサンを探しに行ってこようと思います。今日はパックツアーの予約と旅行鞄を買いに新宿へ行ってきました。仕入をしない外出は久々です。

現在のスペイン語能力
くえんとくえすた→いくらですか?
らくえんたぽるふぁぼーる→お会計お願いします。
めじゃも~→私は~といいます。
おら→こんにちは

英語は全くダメ、スペイン語は数語しか知らない。さて
人柱実験PSPトークマン装備で無事に帰ってこれるのか!?

追記:明日はお休みです。

今日はバーボンリスト更新です。
b0006520_1950389.jpg

バージン・バーボン21年(バーボン・ウイスキー)
VIRGIN BOURBON 15y 50.5%
  うんちくは10年を参照。
香りはレモン、チョコレート、バニラ、複雑で深い。口に含むとアタックはやや強くボディーは重い。10年と15年と同様に含み香の広がりがすごい。余韻は長く複雑。
複雑な香りと広がり、貴重な長期熟成バーボンの一つ。

リナ嬢コメント:香りは、リンゴ、洋ナシ、ショートケーキ。モルトのような複雑できれい。アタック、余韻ともしっかりしており、バランスがよい。ガッツンと来るわけではないがボディーもしっかりしている。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-17 19:51 | 酒うんちく
最近ちょくちょく寄ってくださるお客様に気に入ってもらい、お土産に頂いた品。誠にありがたいことである。大切に飲まなければと思いつつ、現在ボトルが約半分に(汗)

b0006520_0115869.jpg

山崎1993・カスクストレングス・信濃屋ボトル(ジャパニーズ・シングルモルト・ウイスキー)
Yamazaki1993 Sunanoya 54%
 大手の酒屋の信濃屋がリリースしたオリジナルボトル。1993.3-2004.6で11年熟成。ホワイトオークのホッグスヘッド樽、山崎47号庫と詳細なスペックがラベルに記載されている。
 香りは洋ナシ、リンゴ、グレープフルーツ、プラム、フルーティーで刺激的。アタックは強烈、味のボディーは軽いが複雑。余韻はやや強く長い。11年物としてはかなり複雑でガッツリ満足感があるジャパニーズ・シングルモルト。ロックにすると含み香の中盤から余韻までが素晴らしいモノに変化する、もちろん上立ちは減少するが・・・ストレート、多少の加水。ロックがおすすめ。

リナ嬢コメント:
 花、植物、軽くて優しい。直接的な樽の香りとスモーキーな味。荒々しいが余韻は優しくバーボンに近い。余韻重視ならばロックにすると良い。
 
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-17 00:12 | 酒うんちく
どうも日々ナイトキャップに飲む酒はブレンデット・ウイスキーになってしまう。安いのも理由の一つだが体に合っているし、甘いモノに良く合うのだ(笑)
自腹のナイトキャップ用だが<奈落の底>で売ってみたりする。

(お店的には仕入れ原価0だが、私の自腹なので。。。バックマージンもないし。私の懐的には微妙。マスターの飲みかけジャン!!タダ出だせよと思う方もいるかもしれないが、タダで出してしまうとお店に損害を与える事になるので出しません。つまり、売れる酒が売れなくなるし、グラスを洗ったりお店の場所を使うのも本来お金がかかること。これを無視してしまうと商売人ではなくなってしまい、自宅飲みと変わらなくなる。お店が維持できなくなってしまうのでご理解を!!同様の理由から、お客様から頂いたお酒も売ってしまいます。)

b0006520_20495560.jpg

アイル・オブ・スカイ 12年
Isle Of Skye 12y 40%
 スカイ島という名前の通りスカイ島にあるイアンマックロード社のブレンデット。キーモルトはタリスカー。香りはソルトピーナッツ、アンズ、干し柿、弱めのピート。口に含むとアタックは中の上、味のボディーは中くらい、苦みがやや強く残る。余韻は中くらいでほんのりピーティー。
チェベックのような優しさと懐かしさにスモーキーさをほどよくプラスされ、バランスがよい。
ロックや水割りがおすすめ。

リナ嬢コメント:
 香りはアーモンドチョコレート、ハチミツきれいなスモーキーさがあり、まとまっている。飲みやすくマイルド。ロック、水割りがおすすめ。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-14 20:47 | 酒うんちく
b0006520_20527100.jpg
イ・モンクス(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
Ye Monks 43%
 手持ちの資料でもググってもいまいち資料が出てこないが、オールドボトルが存在するので古くからの銘柄の模様。モンクは僧侶や坊さんの事らしい。ラベルにも聖職者らしき絵柄が描かれている。いまいち謎である。ちなみに飾り文字のため綴りが合っているのかは自信がない。
 香りはアップルパイ、菊、ハチミツ、ウメ。口に含むとアタックはややマイルドで麦の香りがほどよく、ボディーはライトだが甘さが残る。余韻は弱く短く、麦、ハチミツ、シリアル。ライトだが飲み飽きしにくい味のブレンデット。

リナ嬢コメント:
 香りは、ラム、レーズンクッキー。少しピリッとしたアタックがあり、ほろ苦い。少し辛い。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-14 05:35 | 酒うんちく