酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<奈落の底>の新入荷ではなく日本未入荷のアブサンのテイスティングコメント。飲んでみたい方は個人輸入しましょう。高いけど
b0006520_20311081.jpg

セガーラ・アブセンタ68°(スペイン産アブサン)
SEGARRA ABSENTA 68° 68%
 現行品で最も値段が高いアブサンの一つ、セガーラの68度バージョン。ユーロ高だし、かなり高額。
さて、香りはコリアンダー、カモミール、フェンネル、オレンジ、ナッツ。口に含むとかなり強烈なアタックで舌へのビリビリ感がかなり強い。ナッツ、フェンネル、スターアニスと複雑な含み香。
余韻もかなり長く舌へのビリビリも長く続く。加水すると濁る。
 素晴らしく強力なアブサンで、現代アブサンでは最強クラス。

リナ嬢コメント:
 グラッパのような粕っぽい香り。オシロイのような香りと味、アタックも強く、香料、花などの感じ、香りと味がまた違った味わい。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-29 20:35 | アブサン
<奈落の底>は今日も暇です。

また、新しいアブサンが日本に輸入されて模様。輸入元はウィックなので詳細は解りません。早速入手してみました。
b0006520_20491893.jpg

トレーネ・ユニコーン(フランス・アブサン)
ABSINTHE TRENET unicorn label 60%
トレーネアブサンのラベルだけ変わったバージョンなのかな?と思っていたら味わい的にバリエーションの一つのようだ。表ラベルにも裏ラベルにもTRENETの文字が見つからないがラベルのデザインや文面、アブサンの色もトレーネと非常に似ている。
やっぱりバリエーションの一つなのだろうか?香りは、メロン、ジンジャー、フェンネル、バナナ。口に含むとミント系の清涼感が強くありトレーネよりも甘い。舌へのビリビリ感はトレーネと同様。余韻はミントの冷たさが残る。加水すると濁る。
 ミント強化版のアブサン。
リナ嬢コメント:
 香りは余り主張しない、レモンピールのような柑橘系の皮の香り。甘みが強くほどよく苦み、バランスが良く余韻も長い。

現在で回っているトレーネと比較テイスティング
b0006520_20493776.jpg

トレーネ・アブサン(フランス・アブサン)
ABSINTHE TRENET 60%
最近終売になるのではとささやかれている。心配だ!!
 香りはアブサントしては弱く、フェンネル、ミント、ヒソップ。口に含むと甘みはやや弱くドライ、カスタード舌へのビリビリ感は弱いがある。加水すると弱く濁る。
リナ嬢コメント:
 ミルクチョコレート、シロップ、バニラ。香りほど甘みは控えめで苦みも多少ありドライ。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-28 20:49 | アブサン
下の裏に出来た口内炎が痛くてたまらない今日この頃。即効性のある何か良い治療法はないのだろうか?クエン酸殺菌も、液体は磨きも、口内炎のスプレーもいまい遅効かがないし・・・お店はいつもの通り暇暇なのだが相変わらずなぜだか忙しい。仕事たまりまくりDATH。
<奈落の底>やっとブログ更新再開です。お待たせしてすみません。誰が待っていたんだ!と突っ込みがありそうですが、レポートを見る限り、少しだけ奇特な読者がいるようです。
b0006520_18211636.jpg

ロン・プホル・ドラード(スペイン・ラム)
Ron Pujor Dorado 40%
バルセロナのバルで遭遇率が非常に高いラムです。現地のスーパーマーケットでもよく見かける銘柄。さてなんて読むのでしょうか?ロン・プホル・ドラード?ロン・ポール?ロン・プジョー?スペイン語を考えるとプホルで良さそうなのだが・・・・聞きそびれた・・・
 さてと、 香りはグレープフルーツ、ゴム、ホワイトオーク、バニラ。口に含むとかなり柔らかく甘みが強い。アルコールのアタックと味のボディーがものすごく軽い。余韻も軽くあまりない。
さくさくと飲めてしまうラムで、これほど飲みやすいラムは初めてだ!キャプテンモルガンスパイスのカドを取った感じで、ストレートやロックがおすすめです。特にストレートが苦手な方に試してもらいたい。

リナ嬢コメント:
 アーモンド、ココナッツ、リンゴ。フレーバーラムのような甘さ、ほろ苦さもあるが甘みが強く樽っぽい味と香りも感じる。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-27 18:21 | 酒うんちく

スペインワインの試飲会

まだ誰もいない<奈落の底>は相変わらず暇なのですが、私自身がなぜか忙しい、雑貨の仕入、試飲会、映画の小道具貸し出し、自家製リキュール作り、カクテル講習のお仕事、日々のお仕事、家の改装、洗濯機購入etc。忙しすぎです。

なぜか<奈落の底>で売っているホラーグッズや飾っている品が映画に使われることになりそうです。クレジットで宣伝してくれるらしい。

さて、今日の話題はスペインワインの試飲会に行ってきました。
b0006520_22244631.jpg

今回は、なんとフィロキセラを生き残った100年以上の樹齢の葡萄で作られたワイン。
左二つが白で残りは赤。
白 アルバリーリョ、ベルデホと今まで飲んだことがない品種でどちらも、非常に美味い。
リースリングとソーヴィニヨンブランのいいとこ取りをしたような味わいで、スペインにもうまいしろがあったんだーとビックリした品でした。赤の方もガルナッチャ、モナストレルと変わった品種と王道のテンプラニーリョ、中でもガルナッチャは私の好みとかなり合致し、うーん美味い。
ただし、日本への入荷は未定で値段も不明。高いんだろうなー
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-13 22:54 | 酒うんちく
スペイン旅行-06-(生ハム/ハモン)
 最近は日本でもスペイン産は珍しくなくなり、イベリコ豚と言いながら普通のハモン・セラーノだったりする素敵な状態ですが・・・・

バルセロナでは
b0006520_1225530.jpg

ホテルの朝食にも出たり
b0006520_1233126.jpg

大型スーパーではこんな状態で並んでいたり。
b0006520_126634.jpg

BARでパンにはさんだサンドイッチとグラス白ワインを付けて2ユーロとお釣りがちょっとでる。

普通のスーパーの肉売り場にも必ずと言っていいほど並んでいて、かなり庶民的なモノです。
値段は日本の1/2~2/3程度の金額でした。
イベリコベジョリータなどを買ってきたらかなりお買い得ですが・・・・
成田で没収されるそうです。
買って持ってくるのは、犯罪の香りが・・・・
また、検疫されていない品物を持ち込むと、付着している微生物や昆虫等により重大な災害が起こる危険性があるのでもって来ちゃダメですよ~
現地で食べましょう!輸入物を日本で買いましょう!
日本で食べる品と味は一緒でした。
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-08 01:37 | 旅行記
b0006520_2314725.jpg
バルセロナのBARには、どこの店にもあるのが卵料理のトルティージャ。日本のレシピだとジャガイモとタマネギが入った卵焼きだが、現地ではホーレンソウ入りやジャガイモだけと2種類ぐらいそろえている。味付けもしょっ辛いほどのものから薄味まで様々。BARによって違う。またほとんどの店ではかなり固焼。パンは一緒にいるかどうか聞かれるので頼むと、表面にオリーブオイルとトマトをこすりつけた「パン・コン・トマテ/Pan con Tomate」と呼ぶらしいものが出てくる。一見イチゴジャムに似ているので最初はビックリしてしまった。
b0006520_2315311.jpg

10軒中一番美味しかったトルティージャ

ちなみにパンを付けると3~4ユーロぐらいでした。


トルティージャを頼むとケチャップが欲しくなるのは私だけだろうか?
[PR]
by bar_absinthe | 2006-11-01 23:17 | 旅行記