酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

数週間前に不思議なメールが来た。要約すると「病気でスピリッツ系の酒が飲めなくなってしまいました、お酒に興味を持つきっかけとなったブログを書いている方へ譲ります」という内容だった。その後電話とメールでやり取りを行い。譲って頂いた。今回のブランデーは頂いた一品。
氏の一日でも早い回復と、またお酒を楽しめる日々を送れますよう願っております。
b0006520_3532748.jpg

アララット・ナイリ20年(アルメニア・ブランデー)
ARARAT NAIRI 20y 41%
 アルメニアは西アジアの国で、トルコ、イラン、ブルガリアなどと国境を接する。1991年に旧ソ連から独立。ワインとブランデーが有名。アララットはノアの箱船が流れ着いた伝説のある山でその麓でこのブランデーは生産されている。ヤルタ会談の際、ソ連スターリンが供したところ英チャーチルがえらく気に入ってその後毎年400本取寄せたというエピソードがあるとか。
香りは、バナナ、プラム、アプリコット、イチゴ、洋ナシ、巨峰。かなりバラエティーのあるフルティーさ、甘酸っぱい香り。口に含むとアタックはやや強く、ボディーは重い。ほんのりと酸味の後サクランボ、カカオ、バニラ。余韻はかなり強く長く白檀、オシロイ、バナナ、イチゴ、ダージリン。ビックリするほどバラエティーのある香りで次々に変わる。飲む事に違う表情が楽しめる。他には類を見ないタイプの極上の素晴らしきブランデー。

リナ嬢コメント:
 香りは干しぶどう、干し柿、シェリー(オロロソ)、焼きリンゴ、メイプルシロップ。香ばしく酸味のある香り。口に含むとアタックはやわらかく。シェリーのようなグラッパのような口当たりがものすごく酸味を感じる。カルヴァドスのようなニュアンスもある。様々なブランデーの種類の味がする。熟成と言うよりフレッシュな若い感じがある。余韻もやわらかい。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-27 03:52 | 酒うんちく
b0006520_227719.jpg

レモンハート151プルーフ (151ラム)
LEMON HART DEMERARA 151p 75.5%
 蘊蓄は、40%を参照。香りはミント、レモン、アンズ、干しぶどう、口に含むとアタックは強くハード、ボディーは極厚でややゴム、ドライフルーツ。余韻はしっかりと長く苦みが舌へ残る。余韻は干しぶどう、キャラウェイ。加水すると、ゴムやレモン、綿菓子、アタックはしっかりと残る。最も色が濃くダーク、最も風味がヘビーなラムの一種で、強さも最強クラスのラム。

リナ嬢コメント:
 香りはメイプルシロップなど甘みがあり、151の中でも濃い色をしているせいかこってりしている。フレンチトースト、バター、シェリー、ハチミツ。加水しても香りも味もこってり、変わらず。

産地:ガイアナ(デメララ)
分類:151プルーフ、ダークラム、ヘビー・ラム、イギリス系
原料:糖蜜
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-25 22:08 | 酒うんちく
b0006520_2255646.jpg
レモンハート40%・デメララ 40度
LEMON HART DEMERARA 40%
 19世紀に英国海軍にラムを納入していたレモンハート氏の名前が由来・蒸留所を持たないでデメララで原酒を購入、イギリスで熟成?。4年以上熟成させたものを瓶詰め。
 香りは、レモン、干しイチジク、干しアンズ、ゴム、カスタード。口に含むとアタックはマイルドで、甘く焦げた砂糖、ボディーは重く濃い味だが次第にドライに。余韻は短くカラメル。

リナ嬢コメント:
 香りはオレンジやレモンの皮、シナモン、少し酸味を感じる香り。味も酸味が感じられる。すっきりしていて軽い。アタックなどもほとんど感じない。喉まですんなりとおっていく感じ。

産地:ガイアナ(デメララ)
分類:ダークラム、ヘビー・ラム、イギリス系
原料:糖蜜
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-19 22:55 | 酒うんちく
b0006520_21331615.jpg
b0006520_21333778.jpg

ゴシックアクセサリーが入荷しました。
「薫屋」さんという個人作家品です。

ご興味の方は<奈落の底>店内まで 、今のところ通販はしない予定。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-18 21:34 | ホラー

ブラック・デー

5/14日はブラックデーというイベントだったらしい。

「薫屋」氏から聞いたところ
「韓国で始まったイベントです。
バレンタイン&ホワイトデーに縁のなかった人、撃沈食らった人が
集まって「黒い食い物」を食すという(笑) 」
b0006520_0155112.jpg

と言うわけで<奈落の底>の黒い酒を並べてみました。

来年は何とかイベントを行いたいものだ

右から
グリブジーヌ・ダーク(ビール)
黒エビス(ビール)
ギネス・フォーリング・エキストラ(ビール)
ギネス・サージャー(ビール)
メーカーズマーク・ブラック(バーボン)
フォアローゼス・ブラック(バーボン)
ブラック・ボトル(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
ロッホ・デュー(モルト)
ブラック・アブサン(アブサン)
ブラック・パイナップル・リキュール(リキュール)
ブラヴォド(ウォッカ)
カルーア(リキュール)
コサッケンカフェ(リキュール)
レモンハート151(ラム)
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-18 00:16 | その他
<奈落の底>スパイスラムは以上3本。アンゴスチュラ1919もそれっぽいが・・・・、次回以降は151ラム・シリーズです。

b0006520_1759415.jpg

キャプテン・モルガン・スパイスド・ラム
Captain Morgan ORIGINAL SPICED RUM 35%
プエルトリコ産で最も有名なスパイスド・ラム。同社はホワイトラムやダークラムもあるが通常キャプテン・モルガンと言われるとこのスパイスド・ラムを指すことが多い。名前の由来は17世紀に海賊のボスとして有名だった英国人、ヘンリー・モーガンが由来。プエルトリコはアメリカ領でカリブ海にある国で隣はドミニカ共和国。
 香りはやや強く、ハチミツ、カスタード、シナモン、クリームパンのよう。口に含むとアタックはややあり、甘みが強くハチミツやカスタードの香りが広がる。やや飲み応えがありボディーは中くらい。余韻は長く深く甘い。バランスがよいスパイスドラム。

リナ嬢コメント:
 香りは、バニラアイス、バニラビーンズ、マラスキーノチェリー、メイプルシロップ、黒蜜、スイーツのような甘い香り、口当たりはライトで香りほど甘みは主張しない、スパイスドラムの中でも甘みとアタックとアルコールのバランスが軽めですっきりしている。

産地:プエルトリコ
分類:スパイスド・ラム、スペイン/アメリカ系
原料:糖蜜、スパイス

参照:世界名酒辞典2005
外務省HP

検索用:キャプテンモルガンスパイスドラム
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-16 18:50 | 酒うんちく
ラムのリストに取りかかってます。今回もラム。スパイスド・ラムです。
b0006520_18523948.jpg

ロンリコ・スパイスド・ラム
RONRICO SPICED RUM 32.75%
 プエルトリコ産のロンリコ社のスパイスド・ラムです。すでに終売となっているため<奈落の底>でも再入荷の見込みはない、あるだけの品。ご興味がある方はお早めに!!
 香りは、バニラ、樽、香りはやや弱くやや甘い。口に含むとアタックはマイルドで口に含むと甘く、バニラの香りが口に広がる。ボディーはライト。余韻は長くバニラ、アイスクリーム、パンケーキ。バニラの香りが強いラム。

リナ嬢コメント:
 香りはすっきりしたアルコール、ウォッカのような、わずかにレモンの皮、オレンジの皮。口に含むと甘さが広がってくる。マーマレードジャムやコアントローなどの果実の皮のような甘さと苦さが同時に広がる。アタック的には優しい。

産地:プエルトリコ
分類:スパイスド・ラム、スペイン/アメリカ系
原料:糖蜜、スパイス

参照:世界名酒辞典2005
外務省HP
検索用:ロンリコスパイスドラム
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-14 05:13 | 酒うんちく
実は、約二年前にもコメント書いてましたー
それなのにまた書いちゃいました。

b0006520_20353747.jpg
フォースクエア・スパイスド・ラム35%(スパイスド・ラム)
FOURSQUARE SPICED RUM 35%
 先日紹介したドーリーズXOと同じ蒸留所のスパイスド・ラム。
スパイスド・ラムはラムにバニラやナツメグ・シナモン等々のスパイスを漬け込んだもので一般的に甘い香りが強く、口当たりもほのかに甘い。キャプテンモルガンのスパイスドが最も有名だが、その刺客として登場した品。香りは強く、シナモン、オレンジ、ショウガ、胡椒、クローヴ、複雑で優しい。口に含むとアタックはやわらかく、なぜかミントを食べたような冷たい感触がある。甘みはあるがキレが良くすぐにドライに。余韻は甘い香りだが舌に甘みが残らない。長く複雑。冷たい感触が舌にある不思議なラム。

リナ嬢コメント:
 香りは、レモンバーム、青リンゴ、バニラ、バナナ、シナモンと複雑。こってりした甘さではなくあっさりとした甘み、徐々にモルトのような味に変化してアタックが出てくる余韻もしっかりしている。

産地:バルバドス
分類:スパイスド・ラム、イギリス系
原料:不明
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-12 20:51 | 酒うんちく
先日お客様から頂いたお土産。日記orブログ見たよーって方はグラス代でサービス。
頂いた氏のブログはここです。有り難うございました。

白州蒸留所樽出原酒12年 (ジャパニーズ・モルト)
hakusyuu Distillery Limited 12 y 57%
b0006520_16564632.jpg

白州蒸留所のおみやげ、蒸留所限定品。
 香りは、アンズ、レモン、シェリー、ポテト、ほのかにピーティー、石けん。口に含むとアタックは強く、ボディーはやや重い。ピティヴィアックに似ている石けんのような香り、ミカン。余韻は長く複雑でほんのりフルティー、ナッツ、ミカン。加水するとより石けん、レモン。口に含むと甘みが増し土っぽさがある余韻も長くハッキリする。 以前飲んだピティヴィアックに非常に似ている。香水や石けんのような刺激が強い。

リナ嬢コメント:
 樽の香り、シェリー、ハチミツ、バナナ、グラッパ。口当たりが荒々しく、ガッツンとしている。次にブランデーのような葡萄の風味。フルティーに変わり余韻にかけて軟らかく消えていく。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-12 13:03 | 酒うんちく
以前あったプロブナンスの18年のポートエレンが品切れ他ので次のポートエレン。
b0006520_2421871.jpg

ポートエレン1982 19年 プロブナンス(アイラ・モルト・ウイスキー) 
PORT ELLEN 1982 19年 PROVENANCE 43%
 1982夏~2002冬まで寝かせた19年熟成品。ポートエレンはアイラ島の港町の名前で、かつて島を統治していた一族の妻の名前から付けられたとか。1983年に閉鎖され、現在ファイナルビンテージがいくつか発売されておりここ数年で一気に値段が上がったモルト。今後、値段が上がり続けそして、幻になっていく一品。飲むなら今のうちに!香りは、ピート、コーンオイル、皮、ナッツ、グラッパ。かなり複雑な香り。口に含むとアタックはマイルドだがかなりスモーキーな香りが広がる。ピィーティー、わずかに昆布。ボディーはやや重い。余韻も口に含んだときと同じで、スモーキーでピーティー、わずかに昆布と同じ香り。上立ちの複雑さと対照に含み香と余韻はシンプル。含み香と余韻が全く同じなのは珍しい。

リナ嬢コメント:
 香りはシナモン、たばこ(シガー)、ドライトマト。煙草のようなほろ苦さ。口に含むとけむい感じのスモーキーさ、次第に苦さは消えていって甘みを感じ余韻に向かってまとまっていく。
全体的に潮っぽいというよりけむいスモーキーが強い。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-04-11 02:42 | 酒うんちく