酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アブサンの旅2007-その5-
ジュネーブの酒屋

ジュネーブで酒専門店はかなり少ない模様。一軒しか発見出来ませんでした。
b0006520_21125856.jpg


置いてあるアブサンは
アブサント55・プロヴナンス社の35ppm版
後はスイス産アブサン2種類
b0006520_21151653.jpg


スイス・ワインも豊富です。
b0006520_21155919.jpg


なんと、地下セラーを持っています。
b0006520_21164574.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2007-06-30 21:15 | 旅行記
アブサンの旅2007-その4-
ジュネーブのスーパー酒コーナー。
小さいところから大きいところまでたいていのスーパーにはお酒のコーナーがあります。
b0006520_23213668.jpg

b0006520_23231039.jpg

一番多いのはワイン。
b0006520_23195980.jpg

ワインのタンク。大容量です。
b0006520_2322859.jpg

どこにでもパスティスはありますが、アブサンは少ないです。
b0006520_23224391.jpg

アブサンはさすがに少ないですが、3軒に一軒ぐらい、キューブラが置いてあります。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-06-29 23:23 | 旅行記
アブサンの旅2007-その3-
ジュネーブのBAR
b0006520_21425152.jpg

この時期、ぎりぎりにホワイトアスパラガスが食べれました。
とっても美味いです。
b0006520_21431928.jpg

b0006520_21435725.jpg


スペイン系のBARに行きました。
ここにはキューブラとアブサン・シャルロット?シャルロッテ?がありました。スペイン系のアブサンはやっぱり無い。
b0006520_21463180.jpg

ジュネーブのBARを外側から幾つか見ましたが、アブサンが置いてある確率は約1/2。キューブラがほとんどです。
b0006520_21444532.jpg

翌朝のレマン湖です。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-06-28 21:46 | 旅行記
-その2-Genève ジュネーブのBARでアブサン。


b0006520_21341863.jpg

 着いた早々にホテルに荷物を置いて、フロントに片言の英語で近くのBARを教えてくれと聞いてみた。「ちなみに、グット・バー?」というような怪しげな片言英語で通じました。
まだ21時ごろなのに明るいです。

でそこのGOOD BARには、キューブラが置いてありました。
どうやって飲むの?と聞いてみましたが、フランス語だけしかわからない女性なのもあり、ストレートで出てきました。周りの人はほとんどワイン。
b0006520_21344893.jpg

b0006520_2135594.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2007-06-26 21:35 | 旅行記

b0006520_20202430.jpg
アブサンの旅2007-序章-

 今回の旅行は、スイス、フランスの地でどの様にアブサンは飲まれているのだろうか?どんなアブサンがあるのだろうか?アブサンはどの様に作られているのだろうか?そして、ヴェルト・トラ・ヴェルで開かれるアブサン祭りとは?また、世界最大のワイン・スピリッツの展示会、「ヴィネスポ」とは?とアブサンを中心にお酒探検旅行に行ってきました。まずは、スイス・ジュネーブに到着、ヌーシャテル経由でフランス・ポンタリエで宿を取り、スイス・ヴェルト・トラ・ヴェルに行き、ブラックミント社見学とアブサン祭り参加。その後、パリに向かい、パリでのアブサンの状況を見て、ボルドーへ移動、ヴィネスポ見学と非常に忙しい日程で行ってきました。出発前は無事に帰ってこれるのか?かなり不安でしたが、ポンタリエのsuさん夫妻、オザキトレーディングの尾崎氏、ブラックミント社の皆様、通訳のエミルペルノー社の方々、そして旅先でのたくさんの方々のおかげで無事に帰ってくることが出来ました。誠に感謝です。今回の旅行も「人間って優しいな」と感じました。一部例外あり(自称セネガル人には気を付けろ!!蚤の市のおばちゃんは融通が利かない一部、byパリ)

b0006520_20221511.jpg

アブサンの旅2007-その1-
オランダ・スキポール空港内の免税店にて

また経由だけのオランダ、スキポール空港です。
ここには、今回もドイツ産、アブサン・タブーが売ってました。
カクテルレシピでハーフ&ハーフと表示される。あやしげなリキュールらしきものを発見。クリームリキュールとコーヒーリキュールの2つが一つの瓶に分けて入ってます。

20.90ユーロ 約3500円 円安はつらいぜ結構いい値段です。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-06-25 20:22 | 旅行記