酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ハロウィン2007

今年のカボチャです。
b0006520_20543164.jpg

b0006520_20551099.jpg


そんでもってフィンガークッキー。
b0006520_20555853.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-31 20:56 | ホラー
b0006520_20272577.jpg

ピッグス・ノーズ(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
PIG's Nose 40%
 豚の鼻のように滑らかなウイスキーがコンセプト。
 香りは、コーン、ナッツ、麦、藁、グラッパ。口に含むとアタックはやや強く、甘みはややライト。味のボディーもライト。
余韻はやや長い、ほのかに麦、アンズ。確かに飲みやすいライトなブレンデット・ウイスキーで加水してもバランスが崩れず、水割り、ロック、ストレートどれで飲んでも美味しいマルチタイプの優等生。

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。

検索用:ピッグスノーズ・ピッグノーズ・ピッグス ノーズ

お金がないのでアフリエイト、よろしくお願い致します。


[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-26 20:31 | 酒うんちく
フロギー・ビー(フランス産、ウォッカ)
FROGGY B 40%
 パスタやマカロニに使われている「カペット種」という小麦品種を使用、5回蒸留、フランス産。名前の由来はフランス王家に使われていた紋章、にカエルと蜂が使われていたんだとか、そのイメージで名前を付けたんだとか。
 香りは、ほのかな甘く、わずかなアルコール臭。口に含むとアタックはかなりマイルド、甘みとキレのバランスが良い。
余韻はウォッカなので無いです。(笑)優しい甘みがあるウォッカ。

リナ嬢コメント:
 香りは優しく口に含むとバニラカスタードクリームなどの甘いフレーバーが広がる甘くやわらかいウォッカ。

検索用:フロッギービー・フロッギーB・フロギーB

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト、購入する際はよろしくお願いします。


[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-25 05:35 | 酒うんちく
b0006520_21545079.jpg

バレッヒェン・バーカンディー マチュアード (シングル・モルト・ウイスキー)
BALLECHIN #1 BURGUNDY MATURED 46%
 ハイランドの小さな蒸留所、エドラダワーのヘビー・ピーティーバージョン。通常のエドラダワーと違いたっぷりとヘビーにピートを焚き、指標の一つであるフィノ値は50ppm以上だとか。バレッヒェンは1810~1927年まで創業していた蒸留所の名前。
 香りは白ワイン、栗、焦げた畳、ピート。口に含むとアタックは強く、強いスモーキーさとほんのりと甘い香り。スモーキさが強いだけではなくほんのりとハイランドモルトの特にエドラダワーの良さが出ている。アイラやアイランド系以外のピートを強く焚いたモルトの中では最も成功している一品。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト。

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-23 21:58 | 酒うんちく
b0006520_4573250.jpg

グランド・マクニッシュ(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
Grand macnish 40%
 購入先のHPでは往年の名酒復活とのこと、世界名酒辞典等を調べてみましたが見つかりませんでした。情報が非常に少ないブレンデットです。
 香りはニス、きなこ、わずかにモモ、メロン。口に含むとアルコールのアタックが強く舌へビリビリする。甘みが少なくドライ、味のボディーはややライトだがアタック由来のボリュームがある。余韻はオシロイ、レモン、チョコレート、ジンジャー。アタックが強くアルコールのボリュームがあるブレンデット・ウイスキー。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

貧乏なのでアフリエイト、購入の際はよろしくお願いします。


[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-23 21:45 | 酒うんちく
b0006520_2350936.jpg

アグアルディエンテ・サオカン (キューバ・ラム)
SaoCan Aguardiente de Cana 40%
 ハバナクラブよりもチープなラム!!。モヒート用に仕入れました。裏ラベルにはサンカンと記載されているが、サオカンと呼ぶ方が多いようです。一般的なラムとの相違点はアグアルディエンテが発酵後一回蒸留に対してラムは2回以上。

 さて今回はモヒートのお話。以前、サトウキビ酒フォーラムというイベントへ出かけたときに、元祖キューバのモヒートが今まで知っていたモヒートと全く違うことを知った。
今まで、作っていたモヒートはラムにつぶしたミントと砂糖を入れソーダアップするカクテルだと思っていた。しかし、キューバで飲まれているモヒートはライムが入り、使うハーブもミントではない。ラムもハバナクラブじゃない。

キューバのモヒート
 ラムはハバナクラブは高級なのでアグアルディエンテ。通常のラムよりも乱暴に作ったようなラム、サトウキビ焼酎的なものだとか。
 ミントではなく「イエルバ・ブエナス」と呼ばれるハーブを使用。現地では雑草で空き地に生えてる。ミントとは属もちがうそうだとか。ミントの中ではアップルミントに近い風味だとか
 ライム!?レモン!? キューバのライムはライムとレモンの中間のような味で、日本で手に入るライムとは少し味が違うらしい。

今回、アグアルディエンテ・サンカンが入荷しましたので、ベースのお酒は近づきました。
あとは「イエルバ・ブエナス」・・・学名も現在わからなく、日本では手に入らないらしい。
詳細知っている方メールください。

 さて、単品でのテイスティングはまたそのうち!!ミントの季節はもう少しで終わってしまうので、お早めに!
今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。


検索用:サンカン・モヒート・モジート

お金がないのでアフリエイト、サオカンはなかったので同じキューバの名ブランド

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-12 00:07 | 酒うんちく
b0006520_3554067.jpg

ウィレット24年(バーボン・ウイスキー)
WILLETT 24y 50%
 1982年に閉鎖されたウィレット蒸留所、その後バーボンディステラー社に引き継がれたが、自家蒸留によるバーボンは作られておらずもっぱら原酒は他から購入している。
このウィレット24年は最後の純ウィレット原酒のボトルと言われている。バーボン界のキンクレイス。幻のバーボン。

 香りはリンゴ、アンズ、エーテル、ママレード、ハチミツ、メロン、洋ナシ。深く深く複雑、飲むのが躊躇われるぐらい極上の香り。
口に含むと香りが爆発!メロン、バナナ。その後にアルコールとアタックがやや強くヘビーボディーわずかな渋み。余韻はバーボンらしい樽の焦げ、香ばしいナッツ、オレンジ、長く長く複雑。
このバーボンはまさに人類の宝。高いけどちょっとムリしても飲む価値はある。バーボンファンはぜひ一度は飲んで欲しい一品。

リナ嬢コメント:
 香りはブルベリー、巨峰、、マスカット、ハチミツ、リンゴ、桃、嗅げば嗅ぐほど色々な香りを感じる。変化がすごくある。
口に含むとアタックから余韻まですごく深みのある味。ずっしりと重みがあり、落ち着いた安定感がある。

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト、購入時はぜひこのリンクからお願いします。


[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-11 03:56 | 酒うんちく

バートン・ジン(ジン)

最近とんでもなく暇な<奈落の底>。昨晩の金曜日は混雑しましたが、平日、そして今日は・・・げへげへ、がらがらですよー(哀)
b0006520_23401198.jpg

バートン・ドライ・ジン
BARTON GIN 40%
 アメリカ、ケンタッキー州バーズタウンにあるバートン蒸留所のジン。バーボン好きなら気づく方も多いでしょう。バーボンメーカーのジン。
しかし、ラベルには「LONDON ETRA DRY」まだ、ロンドンジンには原産地統制呼称みたいなものはまだ無いらしいです(笑)
バーボンメーカーは意外とジンやウォッカを作っているケースは多く、ヘブンヒル産のウォッカやジンも以前は日本に入ってきていた。
 香りは、オレンジ、ジェニパーベリー、みかん。口に含むとアタックはマイルドで、ややぼけた味わい。余韻はほとんど無い。
ジン特有の鋭さがないマイルドなジン。

リナ嬢コメント:
 グレープフルーツ、レモンなどのシトラス系。口に含むとアタックは多少あるがすごくやわらかく、シトラスフレーバーが強く感じる。余韻はアタック感がなくなってしまうくらいやわらかく消えていく。


・新入荷
b0006520_23421923.jpg

アグアルディエンテ・サンカン (キューバ・ラム) 現地使用のモヒート用に!!
ロン・ムラタ(キューバ・ラム) 村田さん???詳細調べてみます。
グレンフィディック18年(スペイサイド・モルト) 再入荷


今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。



お金がないのでアフリエイト

バーボンのバートンはこちら河村屋

おおーバートンのオールドボトル飲んでみたい。

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-06 23:44 | 酒うんちく

スッキパー・ビター

b0006520_22365765.jpg

スキッパー・ビター(薬草系リキュール)
SCHIPPER BITTER 30%
 オランダ産の大手リキュールメーカーのデ・カイパー社が作っているらしいが、ボトルにはその表記は見つからなかった。スッキッパーは小型船の船長のことで海運業で栄えた時代のオランダ船員が好んだ味を現代に復元したリキュール。
 香りはコーラ、シナモン、クローヴ。口に含むとかなり糖分的に甘く、苦みもやや強い。アルコールとしては柔らかな口当たり。余韻は甘苦く、ややぼやけた味わいと香りが残る。食後やナイトキャップ専用のリキュールでちびちびとリキュールグラスでストレートがお勧め。

参照:世界の名酒辞典2002

お金がないのでアフリエイト。

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-02 22:40 | 酒うんちく
b0006520_2234727.jpg

グレン・メイヴィス(ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
GLEN MAVIS 40%
 激安ブレンデット・スコッチ・ウイスキーの銘柄の一つ。香りは、コーン、シリアル、ハチミツ、黒糖。口に含むとアタックは中くらいで甘みは少なくライトボディー余韻はキレが良く、アルコール。
 前半は確かにスコッチウイスキーだがキレが良すぎて後半はウォッカのよう。ウォッカとして考えると上質な甘みもあり、やわらかくアルコールのカドがマイルド。相当若くてグレーンの比率が高そうな味わい、ハイランド系・グレンタレットやベン・ネヴィスのような蒸留所の極若いモルトをキーモルトにしているのではないだろうか?

ロックや水割りで冷やして飲みたい。

検索用:グレンメイヴィス、グレンメービス、グレンメイビス
今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

貧乏なのでアフリエイト。

[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-01 22:03 | 酒うんちく