酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0006520_2162274.jpg

ケスラー(アメリカン・ブレンデット・ウイスキー)
KESSLER 40%
 アメリカで最も安いウイスキーとしての地位を確立している、珍しいアメリカン・ブレンデット・ウイスキーです。フランクフォートの会社ということは、バッファロートレース系の原酒っぽいですね。

 香りは、オレンジ・スミレ、モモ。意外にフルティーで軟らかく甘い香り。口に含むとアルコールのアタックはとってもマイルド、若干の渋み樽の苦みがあり、甘みは強い。余韻は短くすぐに消える。キレがよい。さくさくと飲めてしまうがぶ飲みウイスキーロックにすると甘みが増します。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-19 21:06 | おいしいもの
b0006520_21351582.jpg

イリー・エスプレッソ・リキュール(コーヒー・リキュール)
illy Espresso liqueur 28%
 イリー社はイタリアの超有名エスプレッソメーカー。本当のエスプレッソ好きとアンチ・スタバ系の人たちが絶賛する。通好みの味わいのエスプレッソです。この本格的な、味わいのエスプレッソをリキュールに仕上げたのが今回の一品。
 香りは、ダークローストのコーヒー。口に含むとまさにイリー社のエスプレッソ。リキュールなので甘みは強いが他のコーヒーリキュールよりもサッパリで甘さ控えめ。余韻は長く長くエスプレッソ。
 カルーアの数段上の香り、知っている人のみ得をする。素晴らしい!!

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト



[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-16 21:38 | 酒うんちく
b0006520_4492122.jpg

いきなり結論から(笑)、今年のボジョレーは去年や平年よりもライト、ぼやけた味わいですが・・・香りが素晴らしい!!個人的には2001年並の香りの良さ。数年に一度の香りの良さではないでしょうか?ボジョレーらしいお祭りがぶ飲みワインに仕上がっております。

2001 120点 本当に十数年に一度の当たり年
2002 79点 平年以下
2003 100点 数年に一度の当たり年
2004 93点 平年よりやや美味い
2005 105点 平年よりも濃く凝集した出来美味い。
2006 90点 平年通り
2007 95点 平年よりライトな仕上がりだが香りは数年に一度の出来。

(2003年を100点とした基準での個人的な評価、平均は85~90点)

個別評価
ジョルジュ・デュッフ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌボー2007
 バラ、アンズ、イチジク、洋ナシ、フルーティー。口に含むとやや堅い印象にほんのりミネラル余韻はやや弱い。
ルイ・ジャド・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌボープルミエ2007
 木イチゴ、ナッツ、イチゴ。一本筋が通った華やかさ。味もややしっかりとした渋みとほどよい酸味。
シャトー・デ・マラドレ・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー2007
 イチゴ、カシス、洋ナシ、ミネラル、カリン。6種類中最も香りがよい。渋みと酸味のバランスが良くハチミツの香りが余韻に残る。
 6種類の中で最もお気に入り。
ジャン・ド・ロレール・ボジョレ・ヌーボー2007
 バラ、ハチミツ、カシス、イチゴジャム。しっかりとした酸味、ライトだが軽い渋み。
香りも良く6種類中最もライトで飲みやすい。

去年のボジョレ
モランペール&フェス2006
 バナナ、クッキー、イチジク。しっかりとした渋みアタックも2007年産よりも強くしっかりとしている、。
アントワーヌ・シャトレ・ボジョレ2006
 木イチゴ、クッキー、チーズケーキ。しっかりとした渋み同じくアタックも2007年度産よりしっかりとしており、たくましい。

お客様の人気はデ・マラドレとロレールと二分しており、去年のように去年の方が熟成していて美味しかったよねーと言う意見はありませんでした。少なくとも去年よりは美味しいと感じる方が多いと思います。

さて、あくまで私の意見。飲んでみなければわからないのがお酒です。
<奈落の底>では引き続き飲み比べセットご用意しております。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-15 04:49 | 酒うんちく

ボジョレ2007

b0006520_19213439.jpg
今晩解禁です!!
今年の口開けイベント分のボジョレそろいました。

解禁日セット
 2006年ビンテージ1種と2007年ビンテージ2種類の飲み比べセット+チーズ
 ¥2100-/ワインのみ:¥1680-
2007年セット
 2007年ビンテージ3種類のテイスティング+チーズ
 ¥2100/ワインのみ:¥1680
ゴージャスセット
 2007年ビンテージ4種類+去年のボジョレ+チーズ
 ¥2500/ワインのみ:¥2100

ジョルジュ・デュッフ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌボー2007 ¥840
ルイ・ジャド・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌボープルミエ2007 ¥945
シャトー・デ・マラドレ・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー2007 ¥945
ジャン・ド・ロレール・ボジョレ・ヌーボー2007 ¥840
去年のボジョレ
モランペール&フェス2006 ¥840
アントワーヌ・シャトレ・ボジョレ ¥840
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-14 19:24 | 酒うんちく
b0006520_20493048.jpg

グレンフィデック18年(モルト・ウイスキー)
Glenfiddich 18y Ancient Reserve 40%
 マッカラン・グレンリベェットと共にスペイサイドモルトの最も代表的な銘柄の一つで12年物は世界で最も売れているらしい。名前の由来は「鹿の谷」。
 香りは、メロン、バナナ、ハチミツ、モモ、洋ナシ、かなりフルティーで甘い香り。口に含むとアタックはやや強く、甘みは中くらい、ボディーは重い。シェリーやハチミツの香りがあふれる。余韻も長く、ソルトピーナッツとバニラ、複雑。

参照:スコッチモルト大全

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。

貧乏なのでアフリエイト。



[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-13 20:53 | 酒うんちく
b0006520_20454697.jpg

もしも、貴方がどうしても欲しい物が目の前にあったらどうでしょうか?
買いますか?
よほどの金持ち以外、阿呆かキチガイと思うかもしれない物にいくら払えますか?
生活するのが精一杯の貧乏人にとって10ml弱のお酒に11000円を出すのは狂気の沙汰かもしれない。けれども、けれども・・・

池袋の某BARに100年前のアブサンが入荷したようだ・・・翌日、電話にて確認を取ってみたら、なんと!!本当に入荷していた。イギリス系のサイトから50ml5万円ちょっとで購入したとのこと。中身は1915以前のペルノー社のアブサン。正直格安なので、中身が本物かどうかは?微妙に疑っておりました。つべこべ言っても始まらないのでテイスティングコメントへ

 色は、黄色の透明。香りは、フェンネル、ミント、現行のアブサンよりも香りが枯れており弱いが、その代わり奥行きがある複雑な香りがゆっくりと弱く漂う。口に含むと信じられないほどやわらかい、68度前後かと思われる液体が上質な日本酒のような暖かな柔らかさで、ほとんどアタックを感じない。ゆっくりと優しい、アブサンの香りが口に広がり、ゆっくりと他のアブサント比べて弱々しく、余韻まで長く長く続いていく。例えられない奥行きのある香り。
 勿体ないが、加水するときっちり濁り、香りがより鮮やかにアタックも加水した方が微弱にでてくる。現行品のアブサンで例えるならばものすごくやわらかいFrancois Guyとペルノー社のアブサンの中間。

ここでますます、アブサンって何だろう?という大きな疑問符が頭に浮かぶ。
 本物とされるアブサンの条件を満たす品なのは、間違いない。しかし、現行のアブサンと比べるとどこが違うのだろうか?お酒は複雑な化学変化によりボトルに詰めた後でもゆっくゆっくりと変化していくと思う。俗に言う瓶熟。 瓶熟を信じるか信じないかは経験次第だろうと私は思うが、このアブサンの柔らかさが一つの証拠かもしれない。もしも、私と同じ経験をしたならば、現行のアブサンの100年後の姿を想像するとこのアブサンとどこが違うのだろうか?100年の熟成はあるとして、現行のアブサンと昔のアブサンを比べて現行品はなんら引けを取る物ではないだろう。ほぼ確信みたいな結論に達するだろう。
一部のマニアが語る本物のアブサン、そんな物はまさしく幻想。
時だけが奏でられる美味しさがこの問題を解決してくれるに違いない。

願わくば、長生きして、100年後に結論を出してみたいものだが・・・・2107。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-13 20:47 | アブサン
b0006520_14392518.jpg
アルテミシア・クランディスティン53%
Artemisia Crandestine ABSINTHE 53%
 スイス、アブサン発祥の地ヴェルト・トラ・ヴェル産アブサン。色は透明で完全なスイススタイル。近々、成城石井さんが輸入を始める予定。香りはスミレ、ショウガ、フェンネル、胡椒、香りが強い。口に含むと甘みが強くアタックはマイルド、リコリス系の甘みが強く舌へ冷たい感覚がある。ビリビリ感もほどよくある。余韻は長くミントやフェンネル、複雑で長く続く。加水すると濁り、より舌へミントのような冷たさを感じる。
 ストレートはもちろんですが水割りやアブサンカクテル、ロックで飲むと実に夏らしいさわやかな正統派ホワイトアブサン。

アブサンいっぱい<奈落の底>よろしくお願いします。
ちなみに、今回のアブサンは入荷ではないので、成城石井さんの輸入待ちです。
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://www13.ocn.ne.jp/~igarashi/
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)

お金がないのでアフリエイト

まだ輸入されていないので、同じヴェルト・トラ・ヴェル産アブサン。

[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-09 14:43 | アブサン

宣伝色々。

各種宣伝です。

まずは、映画に小道具を貸し出した「全然大丈夫」が完成。正月第二弾頃ロードショー。主人公の部屋にホラー雑貨とBREADLINEのポスターが使われております。
詳しくは下記サイトで。
http://zenzenok.jp/
b0006520_2162349.jpg


次に、また雑誌に載りました。散歩の達人「居酒屋グルメ」
ポップ酒場のコーナー、p114。
板橋区で唯一の掲載。なんかちょっと嬉しいです。
b0006520_2164882.jpg

b0006520_2171312.jpg

ただいま書店にて販売中。

では、この辺で
今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-08 21:09 | その他
b0006520_4282456.jpg

ティーチャーズ (ブレンデット・スコッチ・ウイスキー)
TEACHER'S 43%
 古いブレンデットの名酒。オールドボトルは目が飛び出るほど高値を付ける伝説的ブレンデット。先生の意味ではなく人名が由来。現行も非常に美味な酒。
 香りはライ麦パン、ハチミツ、干しぶどう、わずかに柑橘系の香り。口に含むとアタックはやや弱く、甘みがやわらかく、パンの甘みに近い、どこかなつかしい給食のコッペパン。ほんのりとピティーでアードベックっぽい。余韻は弱いが長く甘みが続く。
 かなり、なつかしい味わいのブレンデット、でハイランドっぽい。チェベックやブッシュミルのような麦の甘みがきいた一品。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-08 04:28 | 酒うんちく

新入荷ホラー雑貨

<奈落の底>ホラーグッズの新入荷品です。

携帯ケース ¥3150
b0006520_17525214.jpg

b0006520_1753269.jpg

中型鞄 ¥7350
b0006520_17535866.jpg

b0006520_17542388.jpg

大型鞄 ¥12400
b0006520_1755095.jpg

b0006520_17552510.jpg

バックル類 ¥3150 メタルバックルは¥2000
b0006520_17571010.jpg

[PR]
by bar_absinthe | 2007-11-06 18:14 | ホラー