酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0006520_20512812.jpg
エドラダワー21年シャトーディケイムフニッシュ1985 (モルト・ウイスキー)
EDRADOUR 21y CHATEAU d'YQUEM FINISH 1985
 エドラダワーはハイランドの小さな蒸留所。シャトーディケイムは最も高価な価格帯のデザートワイン。
香りは、リンゴ、カスタード、卵ボーロ、甘く複雑。口に含むと吟醸香、リンゴ。アタックはやや強くボディーもやや重い。
ビターチョコ、オシロイ、石けん。余韻は非常に軟らかく、リンゴ、カスタードと複雑。以前飲んだシャトーディケイムの香りが余韻にしっかりと現れている、しかも、こっちの方が長いのでお得!?

カオル嬢コメント
 トップ:エステル系、シュガー、しばらく経つと甘い香り
 テイスト:アタックが少しある、辛みが退いた後に酸味と甘み。
 アフター:長い 

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-28 20:51 | 酒うんちく
b0006520_21244912.jpg

ジョルジュ・リニエ・ヴュー・マール・ド・ブルゴーニュ10年 (マール)
GEORGES LIGNIER Vieux Marc de Bourgogne 10y
 フランス、ブルゴーニュ地方のモレ・サン・ドニ村のワインメーカーが作る、マール。
この村は半分以上が一級と特級畑が占める。高級ワインの産地。
 香りは、干しぶどう、ナッツ、マール、モモ、草、とても複雑。
口に含むと、アタックはやや強く、ボディーも重い。枯葉、ビターチョコ、ミネラル、ほどよい苦味。
余韻は長く、ビターチョコ、カスタード。
ブドウ畑のエキスが十二分に含まれた香りと味わいのマール。

カオル嬢コメント:
トップ:レーズン、干しイチジク、ドライフルーツ系の強い香り
テイスト:干し草、レーズン、口に含むと一気に広がる
アフター:干しイチジク様の後味が長く続く。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

貧乏なのでアフリエイト



ちなみに元になっているワイン達



[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-26 21:31 | 酒うんちく
b0006520_21225394.jpg

ワイルド・ターキー・アメリカンスピリット15年ボンデット(バーボン・ウイスキー)
WILD TURKEY American Spirit 15y B.I.B 50%
 バーボンの有名銘柄、の限定品、今回ののターキーはボンデット規格です。
香りは、カスタード、オレンジ、アンズ、ハチミツ、エステル。口に含むとアタックは強く、ボディーはかなり重い。熟したオレンジ、深い甘み、ダークチョコレート。余韻はアンズ、チョコレート長く長く複雑。
ボンデットらしいしっかりとした重くコシのあるバーボン。

カオル嬢コメント
 トップ:メープルシロップ、カラメル
 テイスト:レモン、干し草、シュガー
 アフター:甘いのに枯れた風味が続く

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

貧乏なのでアフリエイト


[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-25 20:39 | 酒うんちく
b0006520_21571951.jpg

ポール・ジロー・ビオディナミ・ レユシー1998 (コニャック・ブランデー)
Paul Giraud BIODYNAMIE REUSSIE 55%
コニャックの巨匠、ポール・ジローの一品で限定品、ビオディナミの成功という意味。
ビオディナミは無農薬有機農法。植物と天体の関連を体現した農法。自然の生態系にのっとっり、土壌や葡萄樹の能力を引き出す農法。
余りにも大変な労力がかかる農業方法で小さな生産者のポールジローでも数年の実験で終えてしまったが出来上がった物はかなり素晴らしい物だった。
  香りは、イチゴ、葡萄、クッキー、ハチミツ、レモン、紅茶。かなり複雑。
アタックはやや強いが、口いっぱいに複雑な香りが広がる、レモン、レンゲ、オレンジ、ブドウ、カカオ。
余韻はとんでもなく長く、柔らかな甘みと、モモやバナナなどのほのかな香りが数分にわたって続く。
1998-2007年の9年熟成にかかわらず、恐ろしいほどの香りの複雑さ、味の複雑さ、若いブランデーですが凄い一品です。
 個人的にはポールジローの中でも飛び抜けて美味い。

カオル嬢コメント
トップ:リンゴ、モモ、アンズ、フレッシュなフルーツ
テイスト:リンゴ、モモ、アタックは感じない、後から舌の上に少し辛みが残る
アフター:フレッシュなリンゴのような香りが長く続く

検索用:
ポールジロー・有機農法コニャック/ビオディナミ・コニャック

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-24 22:38 | 酒うんちく
b0006520_21201629.jpg
ユニコーン・ノワール・リコリン(フランス産アブサン)
UNICORN NOIRE LICORINE 60%
 今年になってから市場に出回り始めたアブサン、スポット輸入の可能性も高い。フランス産のアブサンでよくトレーネ社のアブサンと間違われるがSLAUR INTERNATIONALという所の商品。しかしながら、非常にトレーネ社に似せているアブサン、今回のブラックも度数こそ違うが味わいがよく似ている。
 香りはショウガ、リコリス、フェンネル、シナモン、ローズマリー。口に含むとアタックは中くらいで甘みは少なくドライ、お茶のような渋みと風味がある。余韻はミント、アニス、フェンネル、舌へ渋みが残る。加水しても濁らず、ミントの冷たさが引き立つ。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

検索用:
トレーネ・ブラック/トレーネ・ノワール/ユニコーン・ラベル/ユニコーン・ブラック

お金がないのでアフリエイト

越後屋酒店 http://www13.ocn.ne.jp/~igarashi/
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)


nero

[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-23 21:59 | アブサン

b0006520_1205946.jpg
マックギネス・オールド・カナダ(カナディアン・ウイスキー)
McGUINNESS OLD CANADA 40%
 6年物のカナディアン・ウイスキー。ホワイトオークの古樽で熟成。ラベルはカナダの開拓時代の絵柄だとか。香りはバニラ、洋梨、ショウブ、バター、香りはややライトで澄んでいる。口に含むとアタックはマイルドで柔らかい、ムギチョコの甘み、甘栗。余韻は弱くポップコーン、シュガーシリアル。
 カナディアンらしい、澄んだ味わい、ロックで飲むとよりライト。

参照:世界の名酒辞典

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html


・貧乏なのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-22 01:20 | 酒うんちく

オールドリキュール

b0006520_2244447.jpg

<奈落の底>ではオールドリキュールが幾つかあります。

オールドリキュール
 ビンに詰められてから、10年以上の年月を経て熟成したリキュール。ウイスキーやブランデーといったスピリッツと違い、ハッキリとした瓶熟の過程を経ます。現行品にはない複雑で奥行きのある香り。現在では滅びてしまったリキュールなども多く。
この機会を逃すと二度と飲めない一品でもあります。

ストレートでゆっくりと!!極上のデザート。最後の一杯に最適です。

ドミニカン 90年代前半
 西洋ヤマハッカ(メリッサ・レモンパーム)のリキュール。
 現在では終売の貴重品。

コアントロー 90年代前半
 10年以上前の一世代前の旧ボトル。

コカブトン 90年代後半
 現在では輸入されていない、コカの葉のリキュール。コカイン成分は抜かれているので安心です。

ピーチシュナプス・キングストン 80年代後半
 桃のリキュール、現行品では到達出来ない、複雑な香り

グリーンペパーミントリキュール・ニッカ 80年代
 現在とは少し違う青緑色、深い甘さとミントの複雑さが何とも言えません。

リカール 80年代 従価表示
 パスティスの大手。このころのリカールは美味かった!!

ファンタジア・ラムリキュール
 80年代に流通していた、稀少なラムリキュール。オレンジの香りが主体で複雑なハーブとスパイスの香り。

オールドアブサン
 ヘルメス80年代 /ヘルメス60年代後半/モロゾフbf1972/ペルノー1945~1947製造 /ペルノーフィールズ・タラゴナbf1960

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-14 23:03 | 酒うんちく
b0006520_20313864.jpg

山鼠(麦焼酎)
yamane 25%
 佐賀県の有田にある宗政酒造の一品。有田焼の産地。黒麹仕込み、佐賀県産の佐賀麦100%使用。まさに、地元の地酒。山鼠は齧歯目ヤマネ科の小型ほ乳類。体重25gととても小さい動物だとか、雑食だが盲腸がないので繊維質は好まず、もっぱら昆虫が主食。
 香りは、ヨーグルト、土、リンゴ、バナナ。吟醸香が強いが複雑さと奥行きがある。香りだけだと米焼酎のようだ。口に含むとしっかりとした甘みがありアタックは中くらい、麦の香りが口に広がる。味のボディーはミディアム。余韻は香ばしい麦やほんのりとした吟醸香。香りだけだと米焼酎のようだが、飲むとしっかりとした麦。軽そうに見えるが実はしっかりさん的な一品。単調になりやすい低圧蒸留の難しさを見事に解決している。

お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2008-01-12 20:35 | 酒うんちく