酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0006520_21595626.jpg

リトルミル8年(ローランド・モルト・ウイスキー)
LITTLEMILL8y 40%
 ローランドとハイランド地方の境界にあるリトルミル蒸留所はスコットランド最古の蒸留所とも言われ、非常に個性的な味わいで、モルト界の大御所土屋氏が「濡れた段ボール」と表現し、まさしくぴったりで独特の風味。ちなみに同じような香りはロッホ・ローモンド蒸留所で作られるウイスキーにもある。1984年に閉鎖、1989年再開1990年以降は蒸留されていない模様。その後も再開を予定していたが1994年に倒産閉鎖、2004年火災に遭い、2005年に大半の建物は取り壊されてしまった。このボトルは、1990年より前の原酒をボトリングしていると考えられる。
 香りは、シェリー、干しアンズ、ゴム、ライ麦パン、カルダモン。口に含むとアタックはやや強く、紙、カレー、枝豆。余韻は干し柿、ドライフルーツ、キャラメルソースのような旨味。アイラモルトだけがクセのあるウイスキーと思われがちですが、こいつも実に個性的なモルトです。アイラ・モルトが有名になってしまった現在、通ぶるならば「リトルミル」がお勧めです。

カオル嬢コメント:
トップ ドライな感じなのにマーマレードのような甘さもある。
テイスト アタックはあまり無く、塩キャラメルの後に紙っぽい枯れた味、渋みを感じる。
アフター 派手ではないが余韻は長い。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

お金がないのでアフリエイト
リトルミル8年は終売なので12年


ボトラーズ系


参考資料のモルト大全

[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-29 20:58 | 酒うんちく
b0006520_1529357.jpg

バルメニャック1988ゴードン&マックファイル(モルト)
BALMENACH1988 G&M Connoisseurs Choice
 1988蒸留の2002ボトリングの24年熟成、スペイサイドの最も西にある蒸留所。1993年に休止中になり現在も再開の予定はない模様。
 香りは、メロン、ライチ、リンゴ、ツバキ、フルーツショップのような華やかさ。口に含むとアタックはマイルド、麦、シリアル、リンゴなどの香りが広がる。余韻はゆっくりと長く続く蜂蜜、リンゴ、バナナ。

カオル嬢コメント:
トップ エステル、レモンなど、フルティーな香り
テイスト 口に含んで一瞬遅れてアタックを感じる。カラメル、レモン
アフター 余韻は長く続く

参照:モルトウイスキー大全
検索用:バルメニック、バルミニック、GM

お金がないのでアフリエイト

GMないのでディアストーカーのバルメニャック

参考資料のモルト大全

[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-21 15:39 | 酒うんちく

b0006520_21592456.jpg
ズイダム・ジーン・オード・ジュネヴァ2年
Zuidam Zeen Oude Genever 2y 37%
 ジンの発祥は1660年オレンダ、ライデン大学シルヴィウス博士がジュニパー・ベリー(杜松の実)を使って作り出した薬酒で当初解熱剤として薬局で販売されていたという。現在でもオランダで作られるジンはオールド・ジュネヴァーやイェネーフェルと呼ばれ、主流のロンドン・ドライ・ジンとは違った古いタイプのジンを作っている。(ボルス社などではロンドンドライジンタイプをヤングジュネバと表記している)
 香りは、干し芋、パイナップル、シリアル、麦わら、モルトウイスキーのような香り。口に含むとアタックはマイルドで口に含むと、蜂蜜、ライ麦パン、クッキー、舌へ不思議な甘さを感じる。余韻もとても甘い香りが長く続く。蜜のような甘い香りが際だつ不思議なジン。

カオル嬢コメント:
トップ ハーブ系の甘さ、紙っぽい香り
テイスト アタックは弱く、ひたすら柔らかい、ハーブ系の味はあまり無く、ウイスキーの様
アフター あまり無い

検索用:ズイダムジン、ズィダム・ジン、オランダ・ジン、ズイダム・ジュネバ
今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。


・お金がないのでアフリエイト
ズイダム

ボルス・ヤングジュネバ

ボルス・ジュネバ

[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-19 21:58 | 酒うんちく

バルカン・ウォッカ(ブルガリア産ウォッカ)
BALKAN VODKA 88%
 ブルガリアで作っている世界で二番目に強いとされているウォッカ。(知られていない品もあるかもしれないので)。香りはしめったレモン、アルコール。口に含むとアタックはかなり強く、舌がカッと熱くなる。次第に強い甘みとコクを感じる。余韻はわずかにハーブのような香りとドブロクやヨーグルトのようなうまみが残る。とても強いが甘みとうまみがしっかりとしているウォッカ、ロックまたはキンキンに冷凍庫で冷やしてストレートで!!

カオル嬢コメント:
 トップ:アルコール、穀物の甘い香り、わずかにレモン。
 テイスト:舌先ではとろみのある甘さを感じるが強烈なアタックで口の中がビリビルする。
 アフター:米系の甘い余韻が続く。

今宵も<奈落の底>でお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト
href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/05f00484.5d3e10f4.05f00485.8ab3884a/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fnero%2f477262%2f477266%2f1045624%2f%23448470&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fnero%2fi%2f448470%2f" target="_blank">
[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-15 16:11 | 酒うんちく
b0006520_23304920.jpg

エキセンタ・アブセンタ(ルクセンブルグ産アブサン)
XENTA ABSENTA 70%
XENTA SUPERIOR 70%
フーデックスで現在輸入元を探している途中らしいルクセンブルク産アブサンを発見。ルクセンブルクは左をベルギー、右をドイツ、下をフランスに国境を接する国で正式にはルクセンブルク大公国、大きさは神奈川県ぐらい。
 スタンダードの方はツジョン10ppm以下、スペリオールの方は35ppmとEU基準内で作られている。味わいは、チェコ系とスペイン系の中間、スペリオールの方はニガヨモギがそのまま入っているそうだが、どう見ても、小ニガヨモギの形状をしている。ラベルにはアルテミシア・アブサンティウムと書かれているが・・・。ポンタリカ?じゃないのか??まあ、どっちでもいいんだけど(笑)

それと、いつものアブサンインポーターが新しいフランス産アブサンの輸入を検討中だとかうまくいけば夏頃までには輸入できるかも

今年も新製品続々予定のアブサン市場、楽しみです。

・お金がないのでアフリエイト
エキセンタはまだ入ってきていないので
チェコアブサン


やっぱりスイス産


蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://www13.ocn.ne.jp/~igarashi/
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。)

今宵も<奈落の底>にて、お待ちしております。
[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-09 23:36 | 酒うんちく

b0006520_22244885.jpg
ハンプデン13年1992・マーレー・マクダヴィッド(ジャマイカ産ラム)
HAMPDEN 13y 1992 MURRAY MCDAVID 46%
 ジャマイカ産のラム。ジャマイカは秋田県とほぼ同じくらいの大きさのカリブ海の島国。
 香りは、濃厚なライチ、マンゴー、レモン、蜂蜜、メロン。熱帯のジャングルのような非常にエロチックな香り。口に含むと、やや強いアタック、甘みはあまりなく、口の中で、ジャングルのような複雑な香り、バナナ、ライチ、パッションフルーツ、モモ。余韻は長く強く、ゴム、ライチ、マンゴー。
 熱帯のジャングルにある町のフルーツ屋の前でサンバを踊る女性が目に浮かびそうな一品。すごく妖艶です。

カオル嬢コメント:
 トップ:カラメル、トロピカルフルーツ、南国の香り
 テイスト:アタックはあまりないが甘さを感じると同時に口の中ではじける感じ、トロピカルフルーツのような甘さ、サトウキビの味が濃厚。
 アフター:余韻がとても長く続く。

検索用:マーレーマクダービット・マーレーマクダービィッド・ハムデン・ハンプテン・ハンブデン


[PR]
by bar_absinthe | 2008-04-08 22:26 | 酒うんちく