酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

b0006520_20525864.jpg

テイチネ・リコール・デ・カネラ(スペイン・薬草系リキュール)
SIROCO CANELA LICOR DE CANELA TEICHENNE 24%
 スペイン・タラゴナのアブサンメーカーの一つでもあるテイチネ社が造る薬草系リキュール。裏ラベルにはニッキ・リキュールと書かれているがシナモンを使っているのかニッキを使っているのかは不明、味わいからはシナモンのようだ。
 香りは、ラムネ菓子、子供風邪シロップ。クローヴ、バニラ、シナモン。非常に懐かしい駄菓子屋の香り。口に含むとかなり甘くほのかな酸味、ラムネ菓子、甘み、わずかな苦み。口いっぱいにラムネ菓子。余韻は長く、この香りが続く。バック・トゥ・フィーチャー。60~80年代が子供だった方にはかなり懐かしい、昭和レトロ駄菓子屋味。個人的には、特にカラフルなビニールチューブに入ったラムネ状の駄菓子フルーツマンボ(セブンネオン)やフルーツ餅、カラフルなセロファンに包まれたラムネのような味わい。
 お勧めの飲み方は・・・・ストレート、カクテルに!!かなり、強い香りなので、ソーダで割ったり、ジンジャーエールで割ってもあまり味わいに変化はない(笑)

ちなみに、シナモンとニッキの違いですがおなじクスノキ科ニッケイ属の植物で樹皮を利用しますが
シナモンは 学名 Cinnamomum zeylanicum
ニッキはシナニッケイ Cinnamomum cassia カシアとも呼ばれる。

検索:ティチン社、ティチェン

・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-31 20:59 | 酒うんちく
b0006520_20351686.jpg

カルヴァドス・カルヴァドールXO(カルヴァドス)
CALVADOS CALVADOR X.O. 40%
 ペイドージュ産のカルヴァドス。名前の由来は、ノルマンディーカルヴァドス地方の由来となったスペイン無敵艦隊のエル・カルヴァドールと推定される。ラベルの下記に小さくモエヘネシーの表記があるのでひょっとすると系列なのかもしれない。香りは、ミネラル、リンゴ、パイナップル、マール、草。口に含むとアタックはマイルド、やや軽めのボディー。少し枯れた香りのリンゴ、アンズ、オレンジ、皮と複雑。余韻は長くリンゴ、アッサムティー。この値段のクラスではかなりのコストパフォーマンス。リンゴ畑を歩いているような一品。お勧めの飲み方はストレートで!!

検索:カルバドス・カルバドールX0

・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-30 20:37 | 酒うんちく
b0006520_2535321.jpg

先日テキーラの講習に行ってきました。
先生は、日本で一番テキーラに詳しい、林 生馬氏
場所は新橋、メキシカンレストラン ドンブランコ

印象深かった点は

 まず、噂は聞いていたが、原料と地域以外にも細かな規定があり、テキーラは免許制。つまり、テキーラ村周辺で原料の規定を満たしていても免許持っていないとメスカルに!!小さい蒸留所だと免許料が高くて申請できないんだとか。

 アガヴェは最低で6年、良いアガヴェを作ると9~12年かかるんだとか、葉っぱはかじっても甘くない、根本のピニャも生のジャガイモかじっている感じで、加熱することで甘くなるだとか。

 テキーラの蒸留所は90数カ所でおよそ1000銘柄ぐらいあり、メキシコ全土のメスカルの蒸留所を含めるとこの3倍ぐらいはあるらしい。つまり300~400カ所ぐらいのリュウゼツラン原料のスピリッツを作る蒸留所があるそうな。

 主にテキーラの産地は、ローランド(テキーラバレー)、伝統的な産地とハイランド(ロスアルトス)に分かれるんだとか。

 テキーラの認証を受けている銘柄には、必ずN0Mから始まる4桁の蒸留所番号があるそうで
NOMxxxxCRT
※XXXXが蒸留所番号
ちなみに、最近紹介したアガヴェ100%のお買い得品。
グラン・センテナリオ・レポサドは
<奈落の底の>冷凍庫にあるクエルボ・ゴールドと同じ
N0M 1122 CRT
となっている。

 熟成に使う樽はバーボン樽が多くて、メーカーズマークの樽が好評なんだとか、また、樽の規定は特にないのでカルフォルニアワインの空き樽をリチャーした樽やシェリー樽、新樽などなどいろいろつかわれているんだとか

 最近はやりのマルガリータはコアントロー使わないバージョンもあるそうでレシピは

 アガヴェ100%・テキーラ 45ml
 ライム・ジュース 30ml
 アガヴェ・シロップ 45ml 1:1で加水した物

つまり、テキーラダイキリーのようなレシピ。
上のレシピだとちょいと物足りないので

 グラン・センテナリオ・レポサド 45ml
 ライム・ジュース 15ml
 アガヴェ・シロップ 2~3tsp

でバランス取ってみました。

このマルガリータがなかなか乙な一品で飲みたい方は「メキシコ風マルガリータ」なり「コアントロー使わないマルガリータ」とかでご注文ください。

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html

・お金がないのでアフリエイト
100%アガヴェのテキーラ



[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-30 01:14 | 酒うんちく
b0006520_22143866.jpg

ヴェスパー・マティーニ「Vesper Martini」

 ボンド・マティーニの中で最も有名なヴェスパー・マティーニ。
映画も原作通りにカジノ・ロワイヤルにレシピが出てくる。
「ゴードンズのジンを三オンス、ウォッカを一オンス、キナ・リレ半オンスに氷を加え、単に混ぜるだけではなく、氷で冷たくなるまでよくシェイクし、大きめに薄く削いだレモンの皮を入れる。」
となっているが、このままで造ると140mlぐらいのアメリカンサイズになってしまう。また、幻の品「キナ・リレ」が必要。
今回紹介のカクテルは、リレ・ブランで造った。レシピで

ゴードン・ジン 40ml
スミノフ・ウォッカ 13ml
リレ・ブラン 7ml
螺旋状のレモンピール

ニュー・ヴェスパー・マティーニ ¥1260-

と、キナ・リレ使用の再現をしてみた。

ヴェスパー・マティーニ・レプリカ 時価
 詳細は聞かないでね(笑)

b0006520_22145810.jpg

「キナ・リレ」(Kina Lillet)とは
 ベルモット似たキナ・リキュール。しかし、製造はどうやら1985年で終わっており、キナの含有量を減らした「リレ・ブラン」として再発売された。「キナ・リレ」は、現在のリレ・ブランより遙かに苦いリキュールだったと言われている。さらに、映画の影響で深刻な供給不足のため「リレ・ブラン」の輸入も1995年頃輸入が止まってしまった。数年前より海外オークションも含めて探しているが、見つかるのはポスターや販促グッズばっかっり、キナ・リレを飲んだ人すら会ったことがない。どうやら日本には輸入されたことがない模様。
※キナ・リレ飲んだことがある、見たことがある。入手できるよという方は連絡お願い致します。
[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-28 22:12 | 酒うんちく
b0006520_562433.jpg

シーグラムV.O.(オールド・ボトル、カナディアン・ウイスキー)
Seagram's V.O. 1975
 1912年からの古い銘柄で、6年熟成のメジャーブランド。帯封の所に年代が表記されているケースが多いのでボトリング年が非常にわかりやすい。このボトルは1975年に瓶詰めされた一品。さらに、瓶が褐色のため、光による劣化の影響が少なく良質なオールドボトルに出会いやすい銘柄。
 香りは、深いチョコレート、ビスケット、バラ。香りは弱いが複雑で深い。
口に含むとアタックは非常にマイルド、ココア、ビスケット、クッキーと甘いお菓子を連想する。余韻も同じように長く続く。カゴ一杯のクッキーのようなウイスキー。

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html

・お金がないのでアフリエイト
現行ボトル

オールドボトル

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-28 05:00 | 酒うんちく
b0006520_01226.jpg

ブラック・ベルベット(カナディアン・ウイスキー)
BLACK VELVET 40%
 カナダ、アルバータ州パリサー蒸留所の一品でカナディアンウイスキーの代表銘柄。6年熟成。名前の由来のベルベットとは、生地の一種で柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特長、手触りの良さや滑らかさの例えによく使われる表現。ちなみに、シャンパンとスタウトを使った同名のカクテルもある。

参照:
2005世界の酒名酒辞典
THE Whisky World Vol.7

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html

・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-23 00:05 | 酒うんちく
<奈落の底>とっておき口開け予告 1/22(木)~

50年以上前に蒸留されたフィーヌ。
フィーヌはフランスで造られるブランデーの一種でワインから蒸留されたスピリッツ。独特の芳香が特徴。
1ショット ¥2772-
b0006520_32911.jpg

Vincent Jacoulot Fine de Bourgogne 1950 46%
ヴァンサン・ジャクロー・フィーヌ・ブルゴーニュ1950
 フランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区・ムーラン・ナ・ヴァンに1891年からの歴史を持つマール・フィーヌの作り手ジャクロー社の一品。1950年、ブルゴーニュのワインは不作だったとされるが、フィーヌにとっては活躍の年だったのかもしれない。1950年は日本では戦後まもなくの時代で吉田茂が総理大臣、朝鮮戦争、中国のチベット侵攻、電波三法の施行、自衛隊の前身警察予備隊が誕生などがあった。
[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-21 03:28 | 酒うんちく
b0006520_2146848.jpg

カナディアン・クラブ20年(カナディアン・ウイスキー)
Canadian Club 20y 40%
 最も雑味が少なく洗練されたウイスキーと言われた20年熟成のスペシャル品。現在終売の噂が流れております。
 香りは、全体的に弱い、木材、もみの木、きな粉、イチゴ。口に含むとアタックはほとんど感じられないくらい柔らかい。余韻は複雑だが弱い。
これほどライトでやわらかなウイスキーは他には経験がない。最もライトでスムースなウイスキーと言えよう。
※つい最近30年が発売されたのでさらに柔らかい可能性が高いけど・・・

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html


・お金がないのでアフリエイト
正規

平行

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-20 21:46 | 酒うんちく
カナディアンクラブのシェリーを紹介したのでお店のカナディアンのストックを紹介。全5回。
b0006520_22163563.jpg

カナディアン・クラブ・クラシック12年(カナディアン・ウイスキー)
Canadian Club CLASSIC 12y 40%
 このシリーズで人気なのはブラック(8年)、正規と平行の関係もあるが、この12年の方が熟成年数が高いにもかかわらず、安い!!。まあ、安いことは良いことなので<奈落の底>では、ブラックではなく12年がバックバーにある。
 香りは、木材、カラメル、バニラ。口に含むとアタックはマイルド、味のボディーもライト。舌からスッと消える。余韻は心地よい甘み、バニラの香りが少し香るが儚く消える。カナディアンらしい、優しい味わい。軽いライトタイプが好みの方にはお勧め、ライトタイプを好きな方は、もうご存じかも(笑)
飲み方は、ロック、ストレート、水割り、カクテルと何でもござれ。

検索:C.C.、CC12年、CC12Y、CCC、カナディアン、ウイスキー

・新入荷
リコール・デ・カネラ ¥630 駄菓子屋味の懐かしの味、リキュール
ブルイックラディ 16年 キュベ・A バーボンカスクにて熟成後、半年間をシャトー・ラフィット・ロートシルトの空き樽にて追熟 ¥1260
ブルイックラディ 16年 キュベ・E シャトー・イケムカスクフィニッシュ。¥1260
b0006520_2217465.jpg


今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html

・お金がないのでアフリエイト

[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-19 22:20 | 酒うんちく
b0006520_4101832.jpg

アムール・ド・シャ・ノワール(ブランデー・リキュール)
AMURE DE CHAT NOIR 40%
 フランス語で黒猫の恋人という名前のブランデーリキュール。コニャックブランデーに甘みを加えたリキュール。名前の通り白猫の絵柄で鈴が付いているかわいらしいボトル。リキュールの分類になるが、甘さはわずかなのでほとんどブランデー。
 香りは、蜂蜜、グレープフルーツ、イチジク、アンズ、オレンジ。複雑な香り。口に含むとアタックはまろやかでわずかに甘い。やや長い余韻でコニャックらしい香りが続く。甘すぎず、ややさっぱりなのでブランデーの入門編には最適。優しくかわいらしい一品。

検索:シャノワール、猫ブランデー

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/
アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
[PR]
by bar_absinthe | 2009-01-19 04:10 | 酒うんちく