酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ユズのジントニック
b0006520_5385572.jpg


 日本らしい香りとして海外で和食ブームの際は柚子の不足が起ったそうですが、どうやら中国揚子江あたりが原産らしく、日本には飛鳥時代奈良時代あたりには日本で栽培されていたそうです。
通常は夏頃に青柚子が収穫され9月後半頃から黄色く色づいたものが出まわり1月頃まで。
ハウス物もあるので一年中入手可能。
意外なことに薬効成分は詳細にはわかっていならしく、、血行を促進させることにより体温を上昇させ、風邪を引きにくくさせる効果があるとされている。

精油成分:リモネン・ノミニン・シトラール
苦味成分:リモノイド
皮の成分:ヘスペリジン

 学名: Citrus junos

ジン:ボンベイ・サファイア
柚子 1/4
トニックW+ソーダ 7:3

ジンは茶葉の風味があるビフィータ24やアジアの香りが含まれるボンベイ・サファイア・イースト
もおすすめ。

★楽天検索/ボンベイ・サファイア★

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-29 05:39 | ジントニック
無花果のジントニック/ジントニックNo.024
b0006520_21331422.jpg


イチジクは花を付けずに実がなる様に見えることから無花果の漢字が使われている。アラビア原産のクワ科の植物。江戸時代初期、にペルシャから中国を経て、長崎に伝来したとされる。不老長寿の効能があるとされる。
7月頃から徐々に出まわるが最近は、8月後半~10月前半までよく流通する。

ジン:ブラックデスジン/風味が軽いアメリカ系のジンがおすすめ
イチジク 一個
レモン 1カット
トニックW+ソーダ 7:3

イチジクを1/4に縦に切り、皮を向きグラスに入れる。
ト少しだけ潰す。そこに氷を詰めてジントニックを作る。
柄の長いフォークを添えて出す。

★楽天検索/ブラックデス・ジン★

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-24 21:29 | ジントニック
シークワーサーのジントニック/No.0023
b0006520_2138586.jpg


 シークワーサーは別名ヒラミレモン(平実檸檬)と呼ばれ小型の緑色の柑橘で沖縄県でメジャーな果物。都内でも比較的簡単に手に入る。今回はこのシークワーサーでジントニック。

10ozタンブラー/ビルド
ジン:ボンベイ・サファイア
シークワーサー3個
半分にカットし、2.5個分をグラスの中で軽く
つぶし半分は指で軽く絞る。
トニックW+ソーダ 7:3 UP(適量)

学名:Citrus depressa

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-20 21:39 | ジントニック
b0006520_23202372.jpg

 BARで最もよく使うリキュールの1つで、通称:カクテル界の味の素。ホワイトキュラソー(オレンジの皮が主原料の透明なリキュール)の最も有名な銘柄。歴史は、1849年にフランスのコワール地方アンジェ市の製菓職人アドルフ・コアントローと弟のエドアール・ジャン・コアントロー(Adolphe&Edouarld-jean Cointreau)がオードヴィー作りから始まり最も有名なキュラソーはジャンの息子エドアールが世界中から集めたオレンジの皮で作り上げた。キュラソー自体はその頃に他社もすでに作っていたがエドアールのレシピは通常よりドライにつくり通常の3倍辛い(トリプルセック)と名づけて売りだした。3倍辛いといっても甘さが1/3にしたわけじゃなかったらしいけど、誇大広告他社との比喩的な意味らしい。と言っても現代日本人にはどっちにしろものすごい甘い。当時の他社はどんだけ甘かったんだろうか?
現在はホワイトキュラソー=ドリプルセックと同等で銘柄名というよりも酒の種類として認知されている。
そのためか単純にコアントローの名称で販売される。
材料はハイチ産のピガラード種のビターオレンジとブラジル産のベラ種のスイートオレンジを主に使い作られている。作り方は秘密とされているがスピリッツにオレンジの皮を漬け込み後に再蒸留してからオレンジの花やシロップを加え甘みをつけているらしい。

 さて長くなりましたがこのボトルはラベルの海外のオールドボトルを取り扱っているサイトを参照にしてみると
50年代に流通していたらベルト一致し、開けた時にコルクであったことにより1950年代と推定されるボトルです。基本的な味は現行品と変わりませんが長期の熟成により複雑かつ深遠でいつまでも余韻が続きます。
恐るべしコアントローのオールドボトル!!もう二度と入手できそうもありませんのでお好きな方はお早めに

50年代はさすがに売っていませんが80年代、70年代ぐらいはたまに流通しています。

★楽天検索/コアントロー オールドボトル★

東京の辺境、板橋区蓮根のBAR BREADLINE
通称、<奈落の底>にてお待ちしております。
http://www.absinthe.jp/

アニメ・コミック・映画に出てきた酒&レモンハート・リスト
http://www.absinthe.jp/lemonheart/index.html
蓮根アブサン協会パートナーショップ
越後屋酒店 http://members3.jcom.home.ne.jp/zaky/index.html
 蓮根アブサン協会のサイトを見ましたと書くと、6000円以上購入の方、本州地区ならば送料サービス
(それ以外の地域の方は本州地区分の送料割引。
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-11 23:25 | リキュール
ビーフィータ・ジン・トニック
b0006520_11465682.jpg


 今まで基本のジントニックに触れていなかったので4種類のザ・スタンダード
ビーフィータ・ジンは現在とてもドライで切れのあるジンになっている。ジントニックにしてもそのドライな味は「都会的な洗練された味わい」と表現されることもある。BARで最もジントニックに使用される頻度が高い。
当店ではドライを引き立てるためにかなりドライ目に作っている。

※ちょっと過去に戻ってみると1980年代だと現行とは大分味が違い実に美味いジンで現在のヘイマン・ロンドン・ドライジンにとても良く似ている。(笑)オールドボトルで作ると勿体無いので昔風のビーフィータが好きなかたはぜひヘイマン・ロンドン・ドライ・ジンでお試しあれ

10ozタンブラー/ビルド
ジン:ビーフィータ・ロンドン・ドライ・ジン 47%
トニックW+ソーダ 5:5 UP(適量)
ライム 1/12
[PR]
by bar_absinthe | 2014-09-02 11:50 | ジントニック