酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

ポールジロー試飲会

数あるコニャック・ブランデーの中で最も印象的で美味。(※注:私の主観です。)
b0006520_2393174.jpg

<奈落の底>にも
右から、
ポールジロー・トランディション
ポールジロー・オリジナル
ポールジロー・キュベスペシャル1976
ポールジロー・ヘリテージ50年
と取りそろえている。コニャックブランデーの中で「ポールジロー」を知ってしまうと他は無理。とまで言われることがある。それほど他のコニャック・ブランデーとは違い一線を画する。特徴的なのはフルティーな香りがあること。ブランデー界の神様が試飲会イベントで日本にやってきた。さて、毎回のこと怪しげな質問をしてしまう私は、こんな質問をしました。

一次蒸留でもトップとテールはカットするの?
 料理のように味見をしながら一次も2次もトップとテールはカットする。
カットした分は一次にもどすの?
 再留します。
バーボンのサワーマッシュ法みたいに蒸留後液を一次にもどす事はしますか?
 捨ててしまいます。
原料の果汁は、ポールジローグレープスパークリングジュースと同じくらいの甘みがあるの?
 ジュース用は通常よりも甘めで専用に作っている。原料の果汁はもう少し、甘くなく調節している。
なぜ?他のコニャックブランデーと大きく違うの?
 葡萄の栽培から蒸留まで一貫して生産しているのでこだわれるから、私はブランデー生産者ではなく葡萄生産者だ。
b0006520_365360.jpg


非常に丁寧に答えて頂きとても感謝。握手もして写真も撮らせてもらいました。
やっぱりコニャック界の神様です。

お土産にポールジロー5ヶ月の小瓶をもらいました。無くなるまで<奈落の底>でポールジロー4種のうちどれか注文して頂いた方に少量サービス致します。無くなり次第終了
[PR]
by bar_absinthe | 2006-09-10 03:07 | 酒うんちく