酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

ルイス・フェリペ・グラン・レゼルバ(スペイン・ブランデー)

<奈落の底>にはお客様と協力して、高額ボトルを買うことがある。そのほとんどが超長期熟成品だったりとんでもなく稀少なものだったりと、今回のボトルは60年も熟成したスペインブランデー。
b0006520_20572645.jpg

ルイス・フェリペ・グラン・レゼルバ60年(スペイン・ブランデー)
LUIS FELIPE Brandy Gran Reserva 40%
 スペイン産のブランデー、ソレラシステムを使い平均60年の歳月がたった一品。スペイン最高のブランデーの一つで2つの逸話がある「お酒に関わる仕事に従事するスペイン人と会う度に「スペインのベストブランデーは?」と尋ねると、返ってくるのは必ず「それはルイス・フェリペだ」という返事」「1893年現在の所有者であるルビオファミリーが手に入れたとき貯蔵所の中にはフランス王ルイ・フィリップ1世の息子、モンパンシェ公爵、アントワーヌ・ド・オルレアンらに予約されたルイス・フェリペ印の樽が残っていた。」そんな伝説のブランデールイス・フェリペ。
 ブランデーとの表記だがアルコール40%のシェリーやブランデーにシェリーを加えたような酒。色は、かなり濃くトロリとして濃厚。香りは、重いオロロソ、洋ナシ、レンゲ、ものすごく奥行きのある香り。口に含むとアタックはかなりマイルドでほとんど感じない、味のボディーはビックリするほど重く、香りが爆発するよう。深く複雑な味わいで複雑な甘みを強く感じる。余韻もモンスター級に長く複雑、黒糖、干しぶどう。ブランデーよりもクリーム系のシェリーのような味わい。非常に美味い、正にスペイン最高のブランデーの一つ。

リナ嬢コメント:
 香りは、シェリーのオロロソなど甘みの強いシェリーの香り。黒糖、薬草リキュール、マーマレードジャム、シナモン、ナツメグ、口に含むとすごく複雑でレーズンやプルーンの凝縮したような口当たり。アタックも少しありデザートワインのようでもある。酸味もあり、味も複雑余韻は中間くらい。
[PR]
by bar_absinthe | 2007-03-07 21:00 | 酒うんちく