酔いどれマスターの裏ページ-酒と食のでろでろな日々-


by bar_absinthe

ウィレット24年(バーボン・ウイスキー)

b0006520_3554067.jpg

ウィレット24年(バーボン・ウイスキー)
WILLETT 24y 50%
 1982年に閉鎖されたウィレット蒸留所、その後バーボンディステラー社に引き継がれたが、自家蒸留によるバーボンは作られておらずもっぱら原酒は他から購入している。
このウィレット24年は最後の純ウィレット原酒のボトルと言われている。バーボン界のキンクレイス。幻のバーボン。

 香りはリンゴ、アンズ、エーテル、ママレード、ハチミツ、メロン、洋ナシ。深く深く複雑、飲むのが躊躇われるぐらい極上の香り。
口に含むと香りが爆発!メロン、バナナ。その後にアルコールとアタックがやや強くヘビーボディーわずかな渋み。余韻はバーボンらしい樽の焦げ、香ばしいナッツ、オレンジ、長く長く複雑。
このバーボンはまさに人類の宝。高いけどちょっとムリしても飲む価値はある。バーボンファンはぜひ一度は飲んで欲しい一品。

リナ嬢コメント:
 香りはブルベリー、巨峰、、マスカット、ハチミツ、リンゴ、桃、嗅げば嗅ぐほど色々な香りを感じる。変化がすごくある。
口に含むとアタックから余韻まですごく深みのある味。ずっしりと重みがあり、落ち着いた安定感がある。

今宵も<奈落の底>にてお待ちしております。

お金がないのでアフリエイト、購入時はぜひこのリンクからお願いします。


[PR]
by bar_absinthe | 2007-10-11 03:56 | 酒うんちく